2019年10月10日

感覚について

▼時代遅れの経営者や叩き上げ社長の経営のことをよく揶揄してKKD(勘と経験と度胸)と言われる。小生もどちらかというとこの部類に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼最近はM&Aの関係で相手先の社長とトップ面談する機会が多いが、ほとんどがこの叩き上げ社長で後継者不在によるもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は時代遅れの経営者、叩き上げ社長を脱皮するために、大学院に入学して体系的且つ実践的で理論的に経営学を学んだ。しかし、最近思うのは、やはり経営者の勘というか感覚も大事だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼例えば「カネ系」であれば、複雑な税務会計や高度な投資の計算が出来たとしても、もったいないとか必要ないと思ったり、今よりも先のことを憂える「金銭感覚」は学んで身に付くものじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「ヒト系」であれば、リーダーシップや倫理観、ネゴシエーション、ファシリテーション、HRMを学んでも、優しさとか厳しさ、情熱、自己犠牲心などは苦労、経験、環境から身に付くもの。ヒトは知識や学問ではついてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「モノ系」であれば、最新の特殊な技術を発明したり、困難な障壁を越えて駆使できたとしても、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)が出来ていないと、継続性や経済性の面において一抹の不安が残る。これもトップの感覚によるものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私も21歳のときに創業してこれまで28年間、たくさんの立派な経営者の諸先輩方に出会い、たくさんのことを教えて頂いた。しかし、反対にたくさん倒産した会社やその経営者の方も見てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これまで私が見てきたこの「倒産した会社・経営者」の中には、決してKKDばかりではなく、立派な創業家の帝王学と財産とノウハウを授かり、高学歴で高度な学問や技術を修めた経営者も数多くいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が社内で「やってはいけない」とか「ちょっと気になる」とか「違和感を感じる」と言うのは、こういう「倒産した会社・経営者」の姿と重なる部分があるからだ。いわゆる勘と経験だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「小言を言わなければ大事になる」という言葉がある。うちのみんなも私の言うことを「小言」と思わずに「大事になる」と思って聞いて欲しい(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、所属している団体で横須賀にある海上自衛隊基地へ「艦艇見学」に行った。まずは近くの三笠へ。

IMG_5034.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓日本に貢献した戦艦として記念艦となっている。

IMG_5036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓そして現役の艦船「掃海艇えのしま」に乗艦。

IMG_5046.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓無人潜水艇。海中や海底の不発爆弾を探し除去する。

IMG_5037.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓機関銃。水平射程距離4500m、垂直射程距離3000m、毎分500発とのこと。

IMG_5041.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年09月22日

巨大な夢を叶えた人について

▼最近、東京で活動する機会が多くなり、大勢の方とのご縁を頂き、いろいろな学びや刺激を受けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その中でつくづく思い知らされるのは描く夢の大きさの違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼企業家の方々が描いている夢はとても大きく、また大きいだけではなく、着実に実現に向けて努力し歩んでいる方が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは単純に企業家が置かれた地方と都会の環境の差なのかと、つい思いがちだが決してそうではない。そう思う方が楽だし、それは自分が傷つかなくて済む最もらしい言い訳だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私はskillとwillの大きさの違いにあると思った。大きな夢を描き実現する人ってskillよりwillの方が圧倒的に大きく、実現できない人はskillばかり気にしてwillが弱く持続しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当然skillも大切だが、自分の事は棚に上げて言うとskillは時間とお金で買えるがwillは自分一人で育てないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼成功している企業家の方たちは、このwillの育て方が上手いのだと思う。そこでこんな本を読んでみた(笑)。


『巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ(文藝春秋)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私がノートに書き留めた一部を下記に紹介する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ジェフ・ベゾス(アマゾン創業者)
「自分が賢くなることよりも人に優しくすることの方が難しいのだ」
※冷徹で超合理的なイメージのジェフ・ベゾスから少し違和感のある言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ラリー・ペイジ(グーグル創業者)
「これは私の考えですがあまりにもスケールが大きすぎる夢の方が実現しやすいと思います。(中略)壮大な夢を実現しようとする人たちの世界はそんなに競争が激しくないのをご存知でしょうか。同じことをやろうとする人がほとんどいないからです。常に大きなことに挑戦したいと思う人が一流の人間です」
※これが大きな夢を叶える人の真骨頂なのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ジェリー・ヤン(ヤフー!創業者)
「チャンスは逆境の時にやってくる」
「世界は一冊の本である。旅に出ない人は最初の1ページ目しか読んでいない」
※この人たちに比べたら私はまだまだ2、3ページ目ぐらいのようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ジャック・マー(アリババ創業者)
「人生はチョコレートの箱のようなもの。食べてみるまで分からない」
「このジャック・マーが成功できるなら中国にいる80%の若者は成功できるはずだ」
※この言葉を地元で言えるようになりたい。「この山田が成功できるなら広島にいる80%の若者は成功できるはずだ」(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼チャールズ・マンガー(パークシャー・ハサウェイ副会長)
「自分が欲しいものを手に入れたいならばそれに相応しい人間になれるよう努力すればいい」
「不平等だからうまくいっている世界がある」
※「平等ではなく公正であれ」という言葉があるが、格差があるからwillが湧き上がってくるし変化・進化・成長するのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼成功している人たちは決して怠けていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先般、開催された東京NBC囲碁研究会の合宿に参加した。場所は福島県福島市。携帯電話も通じない場所だった。熊が出るとのこと。もし熊と遭遇して目が合ったら絶対目を離してはいけないとアドバイスを頂いた(苦笑)。

IMG_4848_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓私はこの合宿でやっと九路盤を卒業してまだ一三路盤。

IMG_4889.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓合宿の帰りに立ち寄った羽生パーキング。コンセプトは鬼平江戸処とのこと。所縁も何もないらしい。

IMG_4867.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓でもちょっとした撮影所並みの建物群。

IMG_4868.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年09月12日

うちの事業について

▼もうそろそろ、この私の写真↑も差し替えないと現在と乖離しすぎた(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼さて、改めてうちのメイン事業について振り返りも含めてここに述べておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は創業する前は、建築会社を経て測量会社に勤めていたが、まだ21歳ということもあり安月給でまとまった貯金もなく、元手のいらない人材派遣業から創業しスタートした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そして並行して僅かな小道具と車1台あれば出来る「コーキング屋(シーリングとも言って雨が屋内に入らないように隙間にシール材を充填する職人)」へ短期間修行に行き、建物の「防水工事請負」をはじめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼基本、防水工事は建物の新築時に屋上やベランダに施すが、新築工事は仕事量は多いものの競争が激しく超安価な受注を強いられるので、うちは作業に手間がかかり敬遠されがちで競合が少ない既存建物の屋上やベランダの「防水改修」に特化していった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼既存建物の雨漏れの原因となるのは屋根や屋上、ベランダからだけではなく、劣化した外壁や建具周りからも雨水が浸入するので「外壁改修」まで対応するようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当然、雨漏れによって室内の天井や壁、床が汚れたり劣化したりしているので合わせて「内装改修」も手掛けるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私たちが手掛ける建物の築年数はほとんどが数十年と古く、強度的にも現行の基準を満たさない建物が多かったので求められて「耐震補強」も引き受けるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼こういう経緯で現在のうちの4つの事業「防水改修」「外壁改修」「内装改修」「耐震補強」を営むようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この4つの事業も今では対象を特殊建築物(ビル、学校、病院、ホテル、工場など)に絞っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、成長とは大きくなることではなく変わり続けること。この4つの事業に甘んずることなく常に「次の事業」を模索しながら変化・進化していきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先週、視察にお邪魔した府中市にある超5Sの内海機械株式会社様。どんなスペースも無駄なく効率的に整理・保管されている。内海社長、大変お忙しいところありがとうございました。https://www.utsumi-kikai.co.jp/

IMG_4788.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓3定(定位置・定品・定量)が徹底されている。

IMG_4769.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓たとえばパソコンが置かれている机も

IMG_4757.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓こんな具合にキーボードやリモコンの置き場所も定められている。

IMG_4759.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓灰皿も

IMG_4763_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓こんな感じに

IMG_4764.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓普段隠れて見えない机の引き出しも

IMG_4761.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ちょっとした作業台も以前はこんな感じだったのが

IMG_4774.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓現在はこんな感じに。素晴らしい。うちも見習わなければ・・・。

IMG_4772.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年08月19日

ドローンについて

▼現在、ドローンの利活用が求められているが、導入・運用するためには法的にも技術的にも倫理的にも越えなくてはならないハードルが数多くある。

 

・改正航空法
・運送事業法
・電波法
・刑法
・運航管理システム
・自律飛行技術
・全天候飛行に可能な性能
・パイロットの技能や意識(コンプライアンス)、体調管理(酒気も含めて)
・地権者の納得と理解
・利用者の基礎的知識・・・etc

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼うちでは屋上や屋根、外壁の修繕・改修工事を計画する際、事前に現地・現場調査が必要なので、直接目視出来ないような高い場所の撮影に利用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今後はさらにドローンや最新の機材をフル活用して、3Dスキャナー、赤外線カメラ、AIによる建造物調査の差別化と効率化を図りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼そのためには、まず社内で基本的知識や情報の習得、業界の現状理解、使用(運転・操縦)の訓練、利用環境の整備、設備投資の検討が必要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼またドローンが運用しやすくなるような外部環境の整備も必要だ。これは当然うちだけでは到底無理で官・学・産・民の連携や実験・実績が求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そのために3月に設立された一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会に理事として参画させて頂いている。同協議会の役員構成は以下の通り。

 

理事長  市川敏幸(正文社印刷所社長・ドローン大学校瀬戸内キャンパス主宰)
専務理事 門井俊(門井商店社長)
理事   山田哲矢(私自身)
監事   二見義和(行政書士)
顧問   小林史明(衆議院議員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼事業目的は、

 

1.「官・学・産・民」の連携・連絡調整
2.各業界のドローン活用技術や実績の蓄積と共有
3.技能・技術のイノベーション啓発
4.行政へドローン運用提言
5.安全飛行(コンプライアンス)啓発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さらに同協議会は先月、福山大学と協働連携事業契約を締結、今後は学生と共に「ドローンプログラミング検定(商標登録出願中)」の開発に着手する。現在、小学生向けに「ドローンプログラミング教室」の9月開催を準備中だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当社が今後ドローンに期待したいのは、工事現場で屋上への資材の荷揚げ。これが出来れば現場敷地内にクレーンを設置するスペースが必要なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また物流用ドローンが本格的に運用されるようになると、屋上スペースが離発着場として活用され屋上のリノベーションが促進されることも期待している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ドローンはまだまだ未知の領域ではあるが、私はさらにその先にある「空飛ぶクルマ」の進捗と運用に注視したい。そして建物に求められる条件や機能も大きく変わると考えているのでそれに備えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓8月9日に開催された福山商工会議所青年部創立10周年記念大会での歴代会長表彰式の様子。私は第6代目会長として登壇(右から6番目)。

IMG-4631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓あとの懇親会では歴代会長と女房役の運営専務が順に登壇して挨拶。向かって左は私が平成27年度福山YEG、平成30年度広島県商工会議所青年部連合会の会長時に専務として私を支えてくれた北村和章君(トータルカーサービス社長)。

IMG-4637.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓挨拶では担当年度に実施した事業を回想、それを自慢気に説明(苦笑)。

IMG-4643_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓止まらない・・・(恥)

IMG-4646.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓でもちゃんと締めくくりは当時私の無知で無謀な挑戦で迷惑をかけたメンバーのみんなに陳謝(苦笑)。 福山YEGのみんなには本当にお世話になった。心より御礼を言いたい。

IMG-4647.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年07月25日

クライシスマネジメントについて

▼先日の某社の記者会見の話題が絶えない。私は基本、テレビを見ないがSNSやネットでもこの画像や動画の投稿が多く見受けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼このことについて、どちらが良いか悪いかなどどうでもいいことだし、それをここで述べたところで何の意味も無く無駄なことで、人様に迷惑をかけていることには変わりない。ただ一点だけ言わせて頂くと、そもそも謝罪する相手は誰なのか、会見の目的は何なのかということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼双方の記者会見はどちらも詐欺被害に遭われた方々や、この度の騒動でスポンサーやテレビ関係各社など迷惑や損害を被った会社に対する謝罪が非常に薄かった。聞いてどうでもいいような内部のやりとりや、保身的な同情を買うような感傷的なことばかり目立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、この会見を報道しているのも視聴率を上げてなんぼのテレビ局なので、実際の会見もかなり長時間におよび、内容も面白そうな部分だけを切り貼りしてまとめているので実際の雰囲気や真意は分からないし、半分以上は報道する側の意図を反映しているものと考えた方がいいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が卒業したビジネススクールではこういった事態にどう向き合うべきかクライシスマネジメントも学んだ。クライシスマネジメントとは会社の継続や存亡を左右する危機的状況が起きた場合の対処方法のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼リスクマネジメントとクライシスマネジメントの違いは、前者は起こりうるトラブルや危機をどう予防するか、後者は起きてしまったトラブルや危機にどう対処するかということ。事前対応と事後対応の違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼あの某社の騒動を業種業界は違うけれど、仮にうちに置き換えた場合、まず何がどうであれ、迷惑や損害、不快感を与えてしまった方々に全社一丸となって謝罪し、再発防止策を講じて二度と同じことを繰り返さないことを強く約束しなくてはならないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼説明もあの会見のように「誰がこう言った」「こう言ったらこう言われた」「悲しかった」「ファミリーだ」など内輪のことなどどうでもよくて、今後のことについて誠心誠意、正直に述べるべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼でも、やはりこういうことは当然起こらない方がいいに決まっている。社内のコンプライアンスやガバナンス、モラル、ポリシー、システム、コミュニケーションなどありとあらゆる面で、普段から会社としての姿勢や取り組み、行動が問われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼あとは潔さが大事かと。私の理想の仕事は「清く、正しく、カッコよく」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓皇居にある日本史上最強の武将と言われた楠木正成像。知れば知るほど憧れるカッコいい武将だ。

IMG_4478_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上の写真は楠木正成公が正面を向いている姿だが、実はこの銅像はこちらが裏側で下記の写真のように後姿が正面とのこと。

IMG_4481_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
748件中(1件〜5件を表示しています)   前   |