2020年01月19日

倒産について

▼創業者なら恐らく皆同じだと思うが「倒産」という言葉が頭の中から離れたことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼「倒産」への危機感と恐怖心が常に頭の隅にあるので、いろいろと考えることが多い。というより経営者の頭から危機感や恐怖心が無くなったら危険だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▼ありとあらゆる危機や非常事態、問題、トラブルの事などが頭をよぎる。ある外資系の社長は「社長業は問題解決業」とも言っていた。だからこそリスクマネジメントやクライシスマネジメント、未然防止や再発防止に時間をかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼かといって、恐れてばかりでは前に進めないし、成長できないし、変化を恐れていては何も出来ない。だから経営者はいつも自分の中の危機感や恐怖心と闘っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼決断や意思決定はすべてこの闘いの結果。勇敢な決断も弱気な決断もこの闘いの結果なのだ。どちらの決断にせよ社員には理解し難い経営者なりの理由がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そんなわけで「倒産」という言葉にはとても敏感で、倒産に関する情報や記事、書籍などはすぐ目にとまる(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この度、大学院の友達のすすめで読んだのがこの本『世界「倒産」図鑑(荒木博行著/日経BP)』。日米欧25社の倒産事例を紹介し分析されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P91:業界のルールが変更になった後「ルール変更前の世界」における正しい行動にこだわらないようにしよう。
※私達が生業とする建設業界こそ、これから大きくルールが変わってくる、いや、変わらなければならない業界。まだまだローテク・ローカル・アナログ・マンパワーの世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P111:自分たちが抱える事業の中に安定的にキャッシュを生み出すビジネスが存在するか確認しよう。(中略)優秀なスーパースター1人に依存している組織は永く続かない。人材のパイプラインが整っているか確認しよう。
※私達の中にはスーパースターはいない。あるのはチームワークだけだ。そのチームワークの強さを示すのが、試合で言えば「勝敗」だし、事業で言えば「収支」だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P123:自分が戦う土俵をどこに定義するのか、その意思決定が全てを決める。(中略)外部の環境変化と内部の能力を踏まえて冷静に土俵を定義しよう。
※このことを経営幹部は忘れてはならない。この意思決定で会社の方針・戦略が決まるからだ。内部の能力を分析・評価する折に私達が注意しないといけないのは「期待」と「実力」を混同しないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P134:人間は弱いものと考え、不正が起きる「機会」をなくす努力をしよう。
※10年前、うちも一人だけ、協力会社に賄賂を要求して受け取っていた社員を解雇したことがある。彼は中途採用だったが、倒産した地元の有名な建設会社の元社員で、そこのオーナーの親族でもあり、まさしく建設業界の悪慣習と虚栄心をそのまま引き継いだような人間だった。私が彼の能力と経験を買い被り過ぎて「機会」を与えたことから起きてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P175:「売上は全てを癒す」「売上増は七難を隠す」
※この言葉は今の私達にグサッと刺さる。おかげさまで現在うちの売上は7年連続増収(残念ながら連続増益ではない)を続けているが、これも社員全員の努力の賜物であり、協力会社の皆様のおかげ。しかし、そのままでは反省や見直し、コスト削減や改善する機会を失くしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P260:経営とは複雑な生き物であり「これさえやれば結果が出る」という考えは時に傲慢さを生み出すことを認識しよう。
※先程のP175に書いてあった言葉と全く同じ意味で、いくら上手くいっていても、それがずっと続くとは限らない。いや、同じ状態のままでずっと続くことは有り得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼何事にも「ひょっとしたら・・・」と考えるからこそ、与信管理は欠かせないし、コストには敏感だし、顧客満足度は気になるし、社内の仕組みと教育には神経質になる。倒産する会社のトップや幹部はこういった感覚が乏しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓母校のグロービス経営大学院。私はこの学校でかけがえのないものをたくさん得たし、私の人生と会社の運命を大きく変えてくれた。

IMG-5996.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一昨日の1月17日に学校に招かれた感謝祭 

IMG-5999.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一緒に学び切磋琢磨した仲間と会えるのは何年経ってもすごく嬉しい。

IMG-5998.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年01月13日

ずけずけ言うことについて

▼ 年末年始の連休中に「GREAIT BOSS〜シリコンバレー式ずけずけ言う力〜(オム・スコット著/東京経済新報社)」という本を読んだ。400ページ越えのなかなかボリュームのある本だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼内容もかなり骨太で、GoogleやAppleでキャリアを積み、自分でも起業して倒産までさせた著者の豊富で赤裸々な体験談と、積み重ねた知見は下手なコンサルタントよりよっぽど実戦的且つ論理的で腑に落ちる内容ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私の中ではここ最近読んだ本の中で、ノートに書き写す言葉の量が最も多く、A4版大学ノートの約17ページ分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P18:上司と部下のいい関係を一番的確に表す言葉を私は見つけた。それが「徹底的なホンネ(ラディカル・キャンダー)」だ。
※人手不足、働き方改革、パワハラ、セクハラ、SNS批判など、本音などなかなか言いにくいこの御時世で、「徹底的なホンネ」をどこまで言えるか。それはリスクも大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P45:ひとつは「仕事上の鎧」を捨てることだ。相手を心から気にかけ、プロらしくない自分の姿を見せ部下にもそうするように励ますことだ。もう一つは部下の仕事がお粗末な時は正直にそう伝えることだ。
※相手にホンネを正直に言えるまでには時間もかかるが、それは相手を心から気にかけていることが大前提。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P51:これは自覚しておいた方がいい。上司というのはあくまで仕事上の役割で、人間の優劣ではない。
※この言葉は私を含めてうちの幹部や役職者はしっかりと肝に銘じておくべきだろう。上司にあるのは役割と責任だけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P77:ほとんどの人はホンネを語らず無駄に優しい上司より、挑戦的なクソ上司を好むのだ。
※これはほとんどの人ではないと思う。能力や向上心が低い人は前者を好み、やる気があって向上心や志が高く野心が旺盛な人は後者を好むだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P96:人は成功より失敗から多くを学び、誉め言葉より批判から多くを学ぶ。
※誉め言葉の方が相手を動かしやすいと思うが、相手がそれで何かに気づいたり、学んだりすることは少ないだろう。嬉しいよりも悔しい、恥ずかしいから気づけることが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P113:伝統的な「人材管理」から「成長管理」へと考え方を変えることで、チームの全員がそれぞれの夢に向かえるような環境が生まれ、時間の経過とともにチーム全体が確実に向上できる。
※この部分を読んで、今年からうちの「人事評価委員会」を「成長評価委員会」へ名称を変更した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P158:結果を気にするあまり仲間を気にかける姿勢を忘れてはならない。
※「少数派」「チームワーク」にこだわる私たちにとって「ラックス日常心得」に加えてもいいぐらい価値ある言葉だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P197:適切な情報を持った人ではなく偉い人が決定者になると「くだらない判断」が下される。
※とても耳が痛い言葉。意思決定する際には、自分の狭い知見や偏見ではなく、しっかりと情報や意見、知恵を集めたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P270:メールやショートメールはできれば使わない方がいい。もちろんメールや文字は手っ取り早く感じられるが、メールのせいで起きた誤解を解くのに何時間もかかったことは数知れない。それを考えるとその人の折まで歩いていくか、その人が遠くにいるなら電話をかけた方がいい。
※私もそう思うことがしばしばある。しかも感情的になって複数へメールの一斉送信をしたあかつきには取返しがつかなくなる。業務連絡はメールでもいいが指摘や依頼、重要なことは直接の方がいいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P384:議論の目的は力を合わせて最良の答えを出すことだ。勝者も敗者もない。
※この点はうちの会議やミーティングはしっかり浸透していると思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P394:気になる人がいたら声をかけよう。しばらく話していない人にどんな仕事をしているか聞いてみるといい。小さな問題を見つけたらそこに「世界が凝縮されているもの」として対処しよう。小さな問題に気付くことがいくつかの点で役に立つ。
※昨年から出張が多くなった私にとって、みんなと話す時間も確実に減ってきているので、この言葉をしっかり受け留めて、ちゃんと心掛けたい。一人一人に声と気を掛けて、丁寧に耳を傾けよう。

 

↓昨日1月13日に見学に行った新体育館「エフピコアリーナふくやま」

IMG-5971_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓外部には遊具もある

IMG-5978.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここはサブアリーナ

IMG-5980_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓トラックはまだ施工中

IMG-5977.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓クライミング。やってみたい。。。

IMG-5969.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年01月08日

与えることについて

▼この度『GIVE&TAKE「与える人」こそ成功する時代(アダム・グラント著/三笠書房)』という本を読み終えた。一言で言うと「GIVE&TAKEではなくてGIVE&GIVEが成功する」という内容。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼著者はビジネススクール「ウォートン校」で学校史上最年少で終身教授になったという優秀な組織心理学の研究者で、よくありがちが宗教的、倫理的、道理的、精神的な内容ではなく、膨大な実証研究の蓄積に裏打ちされた骨太な論理展開になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私はまだまだ修業が足らないせいで、内容が充分に呑み込めず、少々モヤモヤっとした消化不良だったが、私なりに「頭」と「心」に留めておきたいと思った箇所を私の感想・解釈も含めて下記にご紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ちなみに、この本では人に惜しみなく与える人を「ギバー」、真っ先に自分の利益を優先させる人を「テイカー」、損得のバランスを考える人を「マッチャー」と呼んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P36:ギバーは「成功するのが先で、与えるのはそのあと」という一般的なやり方の逆を行き「先に与える人」こそが、あとで成功するのだと教えてくれる
※聖書の黄金律「すべて人にせられんと思うことは人にもまたそのごとくせよ」の意味合いに似ていると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P59:成功しているギバーは、4つの重要な分野「人脈づくり」「協力」「人に対する評価」「影響力」で独自のコミュニケーション法を用いる。
※私の身近に思い当たるギバーがいる。確かにその方は他の人には無い独自のやり方で人脈作りや協力関係を築き、評価で人を伸ばし、好意的な影響力を持っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P76:テイカーは自分のことで頭がいっぱいなので三人称の代名詞(私たち)より、一人称(私)を使う。
※私も使う言葉が「私たちが・・・」より「私が・・・」の方が多いと思う。気をつけねば(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P94:カギは「リコネクト(再びつながること)」だ。これこそ、ギバーが最終的に成功することになる大きな理由なのである。
※ここはすごく分かる気がする!いくら出会いが多く、大勢の人を知っていても、いつでも再び会える、つながれる関係性でないと全く意味がない。知っているだけでは自慢にも何にもならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P132:成功したギバーは自分だけでなくグループ全員が得をするようにパイ(総額)を大きくする。
※この反対の人はよくいる。自分だけ得するようにパイを小さくして、目立たないように長く得られ続けるようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P194:ギバーには自分の決断が同僚や会社に与える影響の方が重要なので、長い目で見てよりよい選択をするためなら、さしあたって自分のプライドや評判が打撃を受けても構わないと考える。
※私はとてもギバーの足元にも及ばないが、自分の評判や面子より会社や社員の評判を優先する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P229:売上トップの医薬品営業マンの条件はギバーであることなのだ。そして質問を介するゆるいコミュニケーションこそ、ギバーが成功する秘訣なのだ。
※医薬品営業マンの成功条件がギバーかどうか分からないが、成功している人に多い会話法が質問であることはよく分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P286:より多く与える人は、より多く稼ぐようになるのである。
※ここはさすがにギバーも誰でも彼でも与えているわけではない。だとしたら単なるお人よしのおバカさん。間違いなく相手によるだろう。しかし案外、ギバーのまわりには「類は友を呼ぶ」の言葉通り、それに相応しい価値ある人が集まるのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この本を読んで思ったのは金銭的なギバーになれなくても、行動でギバーになれるということ。恐らく強いチームはギバー集団だと思うし、チームワークとはギバーの結晶なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日開催された母校の福山市立東中学校昭和59年度卒業生同窓会。当日は同窓会ラッシュ。

IMG-5868.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓オリンピックの年に集まろうと決めて今回が5回目

IMG-5882.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓当時、大変お世話になった生活指導の上山先生

IMG-5893.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓僭越ながら閉会の挨拶は私が。

IMG-5900.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓21歳で創業した私はたくさんの同級生に助けられたし今でも助けられている。次回2024年1月3日、ここでまた会おう。

IMG-5922.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年12月08日

褒め方叱り方について

▼先日読み終えた本でうちの幹部にも薦めたのが「1分間マネジャーー何を示すか、どう褒め、どう叱るか!(K.ブランチャード著/ダイヤモンド社)」という本。ノートに書き留めたことを下記に一部紹介したいと思う。この著者は他にも「1分間リーダーシップ」や「1分間メンタリング」など「1分間シリーズ」の著書が複数あるので機会があれば読みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P14:管理している部下の顔を一人一人、一日のほんのわずかな時間でいいからチェックしよう。そして部下こそ最も大切な財産であることを肝に銘じよう。
※全くその通りだと思う。私は毎朝神社へ参って手を合わせるときに家族や社員一人一人の顔を思い浮かべるようにしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P25:気分のよい部下は、よい成果を生む
※仕事は「速く、楽しく、カッコよく」することが気分をよくするし、よい成果につながるし、見栄えもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P43:「1分間目標設定」とは
ー分の目標について同意(納得)し承知する。
⇔匹す堝阿箸呂匹ΔいΔ發里を知る。
L槁犬楼譴弔困250語以内で1枚の紙に書きつける。
こ董垢量槁犬魏寝鵑任眛匹瀛屬后だがどの目標も読むのに1分とかからない。
グ貽のうちでときどき1分間使って自分の目標達成具合を調べる。
自分の行動が目標と合致しているかどうか調べてみる。
※目標はシンプルで分かりやすくないと頭にも行動にも落とし込めないし、周りにも伝わらないということだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P50:部下の潜在力を十分に発揮するように力を貸し、部下が仕事をうまくやっているところを見つける。
※「潜在力」というところが味噌だろう。普段発揮できている人の能力は1割にも満たないとも言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P55:「1分間の称賛法」は次のようなときに効き目がある。
〜阿發辰読下に伝えよ。彼らの仕事ぶりにを指摘する意図があることを。
△修両譴任垢阿頬める。
正しくうまくやった事柄を具体的に話してやる。
いΔ泙いったのを見て上司としての自分がどんなにいい気分になったか、それが組織やその中で働く人々にいかに役立つか話す。
ツ戚曚了間を置き、いかに気分がいいかを当人にも感じさせる。
Πき続き同じように頑張るように励ます。
О手をしたり触れたりして、組織の中で部下が成功することを援助していることをはっきり分からせる。
※私もなかなか出来ていないので耳が痛い言葉ばかり(苦笑)。部下を持つものは常に心掛けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P73:「1分間叱責法」がうまくいくとき。
”下がやっていることをはっきりと曖昧な言葉でない言葉で指摘するつもりだということを前もってはっきり知らせる。
〜叱責の前半〜
間違った点は直ちに叱る。
2燭間違っているかを具体的に教えてやる。
ご岼磴い鮓てどう感じるかを部下に話す。確実なはっきりした言葉で。
ド毀快でも沈黙の数秒間を置き、あなたの感じをしみじみと相手に‘味わせる’。
〜叱責の後半〜
λ椰瓦ら部下の味方があることを分かるように握手をしたり肩に手を置いたりする。
部下を高く評価していることを思い出させる。
┐海両況での部下の実績は別として部下に好意を持っていることをもう一度はっきりと言う。
叱責が終わったらそれで全ておしまいということをよく認識する。
※褒め方より叱り方の方が難しいが大事だと思う。人の判断や行動は、どうしても感情に左右されやすく、特にマイナスの感情は長引くし、周りに負の空気をまき散らす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼褒めるにしても叱るにしても、共通して言えることは「すぐに、具体的に、分かりやすく、相手に期待と好意を持って」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は毎週日曜日に社員全員の顔を一人一人思い浮かべながら、好意を持ってノートに名前をフルネームで書くようにしている。今後人数が増えてくると、いつまで出来るか分からないが、私にとっては写経みたいなものだ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓10月31日に東京ビッグサイトへ見に行ってきた東京モーターショー。未来の車がズラリ。

IMG_5340.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓前面に電光掲示板がある。

IMG_5356.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓運転してみたい

IMG_5378_R_2.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓欲しい

 IMG_5384_R_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年11月17日

読んだら忘れない読書術について

▼私は結構読書が好きな方だし、とても大切だと思っている。読書は頭の悪い私を助けてくれるし、私の乏しい語彙も豊かにしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、せっかく読んでも私の頭の中に残らないので、ここはと思う箇所には読みながら線を引いて、それを専用のノートに書き留めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、それでも私にはインプットが少なく思えるのでこんな本を読んでみた。著者は精神科医とのこと。

 

「読んだら忘れない読書術(樺沢紫苑著・サンマーク出版)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P24:1年たって古くなるのが「情報」、10年たっても古くならないのが「知識」です。(中略)ネットは情報を得るもので本は知識を得るものと言えるでしょう。

 

※なるほど。情報と知識は混同してしまいがちだが、時間軸に並べて比べると、はっきりと区別できる。情報には鮮度があるが知識には鮮度はないが濃度がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P47:「どうしていいか分からない」状態において最もストレスが強くなります。対処法、解決法を調べて「何とかなる(コントロール可能)」と分かっただけで状況は全く改善していなくてもストレスの大部分はなくなるということです。

 

※私はこの対処法や解決法を探すために本を読んているようなものだ。だから、どうすればいいのか分からない事に関連する本のタイトルがすぐ目に留まる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P52:人間の能力は脳を鍛えることによって一生伸ばし続けることができるのです。

 

※この言葉は50歳を迎えようとする私をどれだけ励ましてくれたか(苦笑)。じゃ脳を鍛えるにはどうすればいいのか?それは本を読んだり、メモしたり、計算したり、考えたりすることを怠らないということだろう。私はまだまだこの時間が足らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P53:IQを左右する要因として遺伝の次に大きいのは読書量。何を読んだかではなく、どれだけの量を読んだかがカギとなります。

 

※読書を趣味とするなら自分が読みたい本だけ読めばいいと思うが、読書を学習や教養だと考えると出来る限り幅広くたくさん読めということだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P54:さまざまな研究によって読書が「記憶力」「思考力」「集中力」「情報処理能力」「共感力」「コミュニケーション能力」「創造力」などを鍛えてくれることが判明しているということです。

 

※私にはまだまだ記憶力や情報処理能力、コミュニケーション能力が足らない。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P81:4つのアウトプットで記憶に残す『アウトプット読書術』
)椶鯑匹澆覆らメモをとる。マーカーでラインを引く。
∨椶瞭睛討鮨佑墨辰后K椶鮨佑亡める。
K椶隆響曚箋ど佞、名言をFacebookやTwitterでシェアする。
Facebookやメルマガに書評やレビューを書く。

 

※,禄侏茲討い詈だと思うが↓は出来ていない。い呂海Δ笋辰謄屮蹈阿濃廚ど佞でたまにやっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P118:何かの作業を行う場合、その集中力は初めと終わりで特に強くなることが知られています。心理学ではこの現象はそれぞれ「初頭努力」「終末努力」と呼ばれています。(中略)15分で本を読むと「初頭努力」で5分、「終末努力」で5分、合計10分の「記憶力の高い状態での読書」が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P122:寝る前にした読書は昼間の読書に比べて記憶に残りやすいです。

 

※私の場合は寝る前に酔っていることが多いのでこれは無理だ(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P127:本を読むのが速い人は全体をパラパラと見通してまず全体を把握してから読み始めるという人が多いはずです。
〜澗里鯒聴する。
∨椶鯑匹猝榲を設定する。
「速読」か「精読」かを決める。
つまり本を読み始める前にゴール(目的)と行く方法(読み方)を決めるということです。

 

※これは出来ている方だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P151:読書は「たくさん読む」よりも「何を読むか」のほうが10倍重要です。(中略)「本当に良い1冊」はそれほど多くありません。つまり「本当に良い1冊」と出会うためにはたくさんの本を読む必要があるのです。

 

※確かにこれは腑に落ちた。良い本かどうかは最後まで読んでみないと分からない。また良い本の中身も100%良いとは限らない。私がこれまで読んだ本の中から心や頭に残しておきたいと思ってノートに書き写した量は、だいたい全ページのうち平均2〜3%の量だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼とにかく隙間時間や移動時間などに効率良く本を読みたいものだ。最近はスマホを見る時間が増えて、本を読む時間が減っている気がするので気を付けたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓去る10月30日に、ある経済団体の講座が開催され参加するために初めてお邪魔した日本IBM本社ビル。実はうちの社宅の目と鼻の先。

IMG-5270.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これまでのIBMの歴史が紹介された。会議室のスクリーンとしては大き過ぎる。

IMG-5271.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これまでのIBMのロゴマークの歴史。左上から始まっていて創業時は秤屋さんだった。

IMG-5272.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
754件中(1件〜5件を表示しています)   前   |