2020年02月24日

日課について

日課はとても大切。日課がその人の人格と言うか人生を形成するといっても過言ではなかろう。日課が習慣となるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス書でも「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」という言葉をよく見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日続けることがその人の血となり肉となり骨となる。スポーツやオリンピックの勝敗もコツコツと毎日続けたことの結果の差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にも19歳から続けている日課がある。それは朝の瞑想。その後、いろんな日課を増やしたり変えたりして今も続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は瞑想、腕立て伏せ、スクワット、読書、英会話、大学院クラス振り返り、セルフトーク、SIXPADを毎朝1、2時間の間にやっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、前日に飲み過ぎたりした場合はメニューを減らす(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けるコツは決まった時間に起きて、決まった時間にやること。朝早いほうが静かで集中しやすい。

そしてメニューの数だけキッチンタイマー(百均モノ)を準備して机の上に置いておき、それぞれ時間を計る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また日課を曜日や日(5のつく日とか1のつく日とか)によってメニューを変えたり増やしたりするのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでにやめた日課もある。以前は毎日30分ほど散歩をしていたが、最近は東京で歩く機会が多いのでやめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストを減らそうと思って腹筋をしていたこともあったが、皮下脂肪の下に筋肉がついて余計にウエストが増えた気がしてやめた(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に最近、増やしたい日課は居合の素振りと囲碁の練習。素振りは場所に困り、囲碁は相手に困る(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ頭や体に良いことを日課にしたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日参加した日本商工会議所青年部全国大会沼津大会の会場。残念ながらこれだけ広い施設は地元の福山にはない。

1254AA09-2560-4026-AB8B-628207F1BFB2-293-00000012B7188AAA_R.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓記念式典が始まった。

5AEF84D3-3F9E-4546-92F4-D2B907E57726-293-00000012B4B81180_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓しかし、新型コロナウィルスの予防のため、ほとんどの参加者がマスク着用という異様な光景

D65BEFD8-3D51-4F17-A8A8-C772A4EA2B2D-293-00000012B6117345_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場前で福山YEGの仲間と記念撮影。参加登録者数50名強

IMG_6459.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大懇親会の時の様子

IMG_6460.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場へ来る前に立ち寄った三嶋大社にて

IMG_6462.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昼食はうなぎ

IMG_6457.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年02月16日

短気は損気について

この度、アンガーマネジメントに関する本を読んだ。アンガーマネジメントとは「怒りを管理・コントロールする」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んだ本は「アンガーマネジメント入門(安藤俊介著・朝日文庫)」「はじめてのアンガーマネジメント実践ブック(安藤俊介著・ディスカバートゥエンティワン)」「怒らない伝え方(戸田久美著・かんき出版)」の3冊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は生来のイラ助・短気者で、「短気は損気」を地で生きているようなもの。年を重ねるにつれていくらか気長になっているとは思うが、それでも普通の人より気が短いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、まだ若い頃は、気が短いことを強みと自慢にしていたところもあったかもしれない(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも振り返ってみると、短気で損したことはあっても得したことなどまず無い。今でもつい怒ってしまい、自分の言動に後悔することもしばしば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、読んだ3冊の本は、アンカーマネジメントのセミナーを受講するための課題図書で、著者もその関係の方なので内容に共通するところは多かったが学ぶところも多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの会社にも、つい怒ってしまい、取引先や社内での人間関係、自分の言動や意思決定に後悔したことがある人も多くいるだろう。心当たりのある人はラックス文庫に置いてあるので是非読んで欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本には「怒らないようにする」ことではなく「怒り方を変える」「上手な怒り方」が書かれてある。怒ることは決して悪いことではなく怒り方が悪いのだということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りは人間も含めて動物にとって必要な感情で、最も大きなパワーを生み出す源泉でありスイッチとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自分を危険にさらす目の前の敵に対して「戦う」か「逃げる」かという選択をするための命令なのです』(アンガーマネジメント入門)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いつもどこでも敵と戦ってばかりいるわけにはいかないし、誰でも彼でも相手にして戦ってはいけない(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りや衝動は必要に応じて必ず抑えられる。その方法について詳しく書かれていた。一部下記の通り。(怒らない伝え方)

 

1.怒りを数値化する
2.思考を停止させる
3.その場から離れる
4.数を数える
5.深呼吸をする
6.心が落ち着くフレーズを唱える
7.今に意識を集中させる
8.怒りを記録する
9.「○○べき」を洗い出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに詳しい方法が書かれてあるので、取り返しがつかなくなる前にぜひ一読を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先週の木曜日2月13日に羽田にあるJALミュージアムへ見学にいった。

5FD383F9-8E75-4716-993F-8C5BBC7C0B2A-19814-00004B894BEF6C19_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓格納庫の中の写真はSNS禁止なのでここでは公表できない。これは格納庫から偶然見れた「嵐コラボ」の旅客機。 

C6917B95-E872-4CF0-AED7-F391336E92E1-19814-00004B894C554949_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓歴代のJALのCAのコスチューム。手前から古い順に並んでいる。

F4AAE48E-C59E-4DB8-B7F3-B095C8F93C61-19814-00004B890350D74E_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これが初代

C3A769A4-C12F-4691-A8D2-B908E80B80BF-19814-00004B8949BA1B88_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これが現在

18ED13A3-DAD3-4722-B45B-CD2D541EC1D5-19814-00004B894B0DAF77_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一番、目を引いたコスチュームがこれ。スカートが短すぎる(笑)。当時も話題だったとか。

DA13EB01-E91A-4990-A475-D0C0D7CC87DB-19814-00004B894AA2D5F6_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年02月05日

士(さむらい)について

私は昔から男子として士に憧れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、たいして勉強が好きでもないのに、中学受験してまで地元に無かった私立男子中学校へ入学し、親元を離れ広島の祖父母の家に居候して通っていた(しかし地元が恋しくなって3年生から地元へ戻り公立中学校へ転校した…苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃から葉隠や武士道、五輪書、孫子、韓非子、孔子などの本を読み漁っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部活も当然、剣道部。もともと球技が苦手だったこともあったが、士に憧れていたので迷いなく剣道を選んだ。中3のときには福山市大会で準優勝もした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも私の父方の先祖は山間部の田舎百姓だったらしいが、誠におこがましくも父方か母方の遠い先祖は、階級や家格は別として士だったのではと思っている。というかその種の血が私に流れていると勝手に思っている(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京との往復が増えて仕方なくやめてしまったが、習っていた茶道も武家茶道だったし(また習いたいと思っている)、居合道(夢想神伝流)は今でも習っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下着もここ数年毎日、褌(ふんどし)を締めている(褌は「履く」とは言わない)。褌という漢字は軍(いくさ)の衣(ころも)と書くところに惹かれたのもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黙想も毎朝20年以上続けているし、今では奇数月に2回、座禅会に参加させて頂いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、最後の士と言われる山岡鉄舟について書かれている「命もいらず名もいらず(山本兼一著(NHK出版)」という本を読んで、より一層、士の生き方に深い感銘を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

士魂商才という言葉があるように士の道も経営者の道も通じる部分は多くある。「志(こころざし)」という漢字も士の心と書くではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前も「哲也」ではなく、弓矢の「哲矢」と書くのもまた何か縁を感じずにはいられない(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岡鉄舟が十五歳の時に己に課して書いた「修身二十則」は現代でも充分通じるものがあるし、こういう世知辛い今だからこそ必要だと思う。

 

一. 嘘を言うべからず
一. 君の御恩忘れるべからず
一. 父母の御恩忘れるべからず
一. 師の御恩忘れるべからず
一. 人の御恩忘れるべからず
一. 神仏ならびに長者を粗末にすべからず
一. 幼者を侮るべからず
一. 己に心よからず事 他人に求めるべからず
一. 腹をたつるは道にあらず
一. 何事も不幸を喜ぶべからず
一. 力の及ぶ限りは善き方に尽くすべし
一. 他を顧して自分の善ばかりするべからず
一. 食する度に農業の艱難をおもうべし 草木土石にても粗末にすべからず
一. 殊更に着物を飾りあるいは上辺を繕うものは心濁りあるものと心得べし
一. 礼儀をみだるべからず
一. 何時何人に接するも客人に接するよう心得べし
一. 己の知らざることは何人にてもならうべし
一. 名利のため学問技芸すべからず
一. 人にはすべて能不能あり、いちがいに人を捨て、あるいは笑うべからず
一. 己の善行を誇り人に知らしむべからず すべて我心に努むるべし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日2泊4日で行ってきた初めのハワイ。日本YEG主催のセミナーに参加した。初日は日本総領事館で前泊者懇親会。

IMG-6118_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓二日目は朝からインバウンドとハワイ経済についてセミナー

IMG-6120_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓講師は地元ハワイ・オブ・バンクのシニアバイスプレジデント(日本人)を含めて3人。

IMG-6114_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓終わった後は大懇親会

IMG-6190_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場から望む夕日は美しかった。

IMG-6165_R.jpg 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年01月26日

リストラについて

▼昨今の人手不足は深刻だ。どの業種どの産業も同じだろうが、私達が置かれている建設業界は最たるものだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼人が思ったように集まらないから、いろんな人を介して集め、またその人が別の人を介して集めるものだからさらに重層化してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼人口減少、少子高齢化、働き方改革、若年無業化などにより、人手不足はより一層深刻になると考えられるが、これは中小企業に限ったことで、大手は人手に困っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼なぜならば、昨年あたりから大手企業は黒字リストラを進めている。社員のうち45歳以上、55歳未満の年齢層から大量に希望退職を募るというもの。給料の高い層から削るわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは不景気や業績悪化によるものではなくて、AIやIoTなどデジタル化を推進して省人化し、組織を小さくシンプルに強くするというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼つまり流動的で制限が多く不確実性の高い人手に頼らず、安定的に事業を継続できる仕組みを作ること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちのような地方の中小企業がリストラをしようものなら、噂は瞬く間に広がり地域からバッシングされ、誹謗中傷の雨嵐に遭うだろう(苦笑)。もちろん新卒採用などもってのほか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、リストラこそ出来ないし、しないものの、省力化・省人化の仕組み作りは必要だろう。それが人手不足の解消にも繋がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼改めて、私達の仕事や業務の流れ、機能を細分化して、私達の得手不得手、強み弱み、キャパシティを明確にし比較して、省くもの、注力するもの、外注化するもの、自働化するものに選別する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちで言えば、同じ作業、単調な作業はマニュアル化して臨時スタッフや非社員でいつても対応できるようにしたり、作業を省力化するための機器や設備を導入したり、社員同士のムリ・ムダ・ムラをなくすために役割分担やルールを明確にするなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ただ、こうした仕組み作りは設計する側と運用する側が、しっかり協議を重ねて同意を得なければいいものは作れないし、導入後に期待通りの効果は得られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ここで私達全員が仕組み作りの前提として理解と意識を一致させておきたいのは、これをしなければ競合他社に打ち負かされるということ。みんな同じことを考えているので差がつくのはやったか、やらなかったかだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昨年の産業交流展で開催されていたカルビー元会長松本晃氏の講演の模様

IMG_5480_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓歯に衣を着せぬ語りは、偶然通りかかった来場者も釘付けにしていた。これは「優しくて冷たいリーダー」よりも「厳しくて温かいリーダー」でなければならないということ。

IMG_5484_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓私はちょっと意見が違って、この中のもの全ていらないとは思わない。計画や会議・ミーティングは重要だと思っている。

IMG_5488_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここは同意できる。だから福利厚生だといって船や、高級ホテル・ゴルフの会員権などは持たない。 

IMG_5489_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓下の言葉に付け加えるなら机の上は物置ではないということ。

IMG_5490_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓こういった意識を持つことが継続的なコスト削減に繋がる。顧客は負担が少ない方を選ぶ。

IMG_5487_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年01月19日

倒産について

▼創業者なら恐らく皆同じだと思うが「倒産」という言葉が頭の中から離れたことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼「倒産」への危機感と恐怖心が常に頭の隅にあるので、いろいろと考えることが多い。というより経営者の頭から危機感や恐怖心が無くなったら危険だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▼ありとあらゆる危機や非常事態、問題、トラブルの事などが頭をよぎる。ある外資系の社長は「社長業は問題解決業」とも言っていた。だからこそリスクマネジメントやクライシスマネジメント、未然防止や再発防止に時間をかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼かといって、恐れてばかりでは前に進めないし、成長できないし、変化を恐れていては何も出来ない。だから経営者はいつも自分の中の危機感や恐怖心と闘っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼決断や意思決定はすべてこの闘いの結果。勇敢な決断も弱気な決断もこの闘いの結果なのだ。どちらの決断にせよ社員には理解し難い経営者なりの理由がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そんなわけで「倒産」という言葉にはとても敏感で、倒産に関する情報や記事、書籍などはすぐ目にとまる(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この度、大学院の友達のすすめで読んだのがこの本『世界「倒産」図鑑(荒木博行著/日経BP)』。日米欧25社の倒産事例を紹介し分析されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P91:業界のルールが変更になった後「ルール変更前の世界」における正しい行動にこだわらないようにしよう。
※私達が生業とする建設業界こそ、これから大きくルールが変わってくる、いや、変わらなければならない業界。まだまだローテク・ローカル・アナログ・マンパワーの世界。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P111:自分たちが抱える事業の中に安定的にキャッシュを生み出すビジネスが存在するか確認しよう。(中略)優秀なスーパースター1人に依存している組織は永く続かない。人材のパイプラインが整っているか確認しよう。
※私達の中にはスーパースターはいない。あるのはチームワークだけだ。そのチームワークの強さを示すのが、試合で言えば「勝敗」だし、事業で言えば「収支」だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P123:自分が戦う土俵をどこに定義するのか、その意思決定が全てを決める。(中略)外部の環境変化と内部の能力を踏まえて冷静に土俵を定義しよう。
※このことを経営幹部は忘れてはならない。この意思決定で会社の方針・戦略が決まるからだ。内部の能力を分析・評価する折に私達が注意しないといけないのは「期待」と「実力」を混同しないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P134:人間は弱いものと考え、不正が起きる「機会」をなくす努力をしよう。
※10年前、うちも一人だけ、協力会社に賄賂を要求して受け取っていた社員を解雇したことがある。彼は中途採用だったが、倒産した地元の有名な建設会社の元社員で、そこのオーナーの親族でもあり、まさしく建設業界の悪慣習と虚栄心をそのまま引き継いだような人間だった。私が彼の能力と経験を買い被り過ぎて「機会」を与えたことから起きてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P175:「売上は全てを癒す」「売上増は七難を隠す」
※この言葉は今の私達にグサッと刺さる。おかげさまで現在うちの売上は7年連続増収(残念ながら連続増益ではない)を続けているが、これも社員全員の努力の賜物であり、協力会社の皆様のおかげ。しかし、そのままでは反省や見直し、コスト削減や改善する機会を失くしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P260:経営とは複雑な生き物であり「これさえやれば結果が出る」という考えは時に傲慢さを生み出すことを認識しよう。
※先程のP175に書いてあった言葉と全く同じ意味で、いくら上手くいっていても、それがずっと続くとは限らない。いや、同じ状態のままでずっと続くことは有り得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼何事にも「ひょっとしたら・・・」と考えるからこそ、与信管理は欠かせないし、コストには敏感だし、顧客満足度は気になるし、社内の仕組みと教育には神経質になる。倒産する会社のトップや幹部はこういった感覚が乏しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓母校のグロービス経営大学院。私はこの学校でかけがえのないものをたくさん得たし、私の人生と会社の運命を大きく変えてくれた。

IMG-5996.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一昨日の1月17日に学校に招かれた感謝祭 

IMG-5999.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一緒に学び切磋琢磨した仲間と会えるのは何年経ってもすごく嬉しい。

IMG-5998.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
758件中(1件〜5件を表示しています)   前   |