2018年08月15日

リーダーシップの原則について

▼先日、某独立系大手証券会社の支店長から薦められて読んだのが「アマゾンが描く2022年の世界〜すべての業界を震撼させるペゾスの大戦略〜(田中道昭著)」という本。同社内で全員に薦められて読んでみて反響が大きかったとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼読んでいる途中で内容や言葉使い、文脈がなんかこうビジネススクールの講師の言い回しに似ていると思って著者のプロフィールを見るとやはり著者自身もMBAホルダーで立教大学ビジネススクールの教授だった。読みながら著者に勝手に親しみを感じた自分が怖い(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼アマゾン創業者であるジェフ・ペゾスは管理職のみならず現場の社員全員にリーダーシップを発揮して行動するべきだという考えから「リーダーシップの14ヶ条」にまとめている。アマゾンのサイトでも「求める人物像」として公表しておりとても興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ちなみにこの本の著者はこのアマゾンのリーダーシップの原則についてこう語っている。

 

P205「急成長を続ける企業には適しているといえます。しかしたとえば成熟した日本の大企業がこれらのリーダーシップスタイルをそのまま取り入れようといたらただ疲弊するばかりでしょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちは大企業ではないし、成長を続けるためにここで14ヶ条すべて紹介しておきたい。この「リーダーシップの14ヶ条(原文:Our Leadership Principles)」だけで今日のブログは終わってしまうが、決して横着しているわけではないことを付け加えておく(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Customer Obsession
リーダーはカスタマーを起点に考え行動します。カスタマーから信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。リーダーは競合に注意を払いますが、何よりもカスタマーを中心に考えることにこだわります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Ownership
リーダーにはオーナーシップが必要です。リーダーは長期的な視野で考え、短期的な結果のために、長期的な価値を犠牲にしません。リーダーは自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。リーダーは「それは私の仕事ではありません」とは決して口にしません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Invent and Simplify
リーダーはチームにイノベーション(革新)とインベンション(創造)を求め、常にシンプルな方法を模索します。リーダーは状況の変化に注意を払い、あらゆるところから新しいアイディアを探しだします。それは、自分たちが生み出したものだけには限りません。私たちは新しいアイディアを実行する上で、長期間にわたり外部に誤解されうることも受け入れます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Are Right, A Lot
リーダーは多くの場合正しい判断を行います。強い判断力を持ち、経験に裏打ちされた直感を備えています。リーダーは多様な考え方を追求し、自らの考えを反証することもいといません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Learn and Be Curious
リーダーは常に学び、自分自身を向上させ続けます。新たな可能性に好奇心を持ち実際に追求します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Hire and Develop the Best
リーダーは全ての採用や昇進において、パフォーマンスの基準を引き上げます。優れた才能を持つ人材を見極め、組織全体のために進んで人材を活用します。リーダーはリーダーを育成し、コーチングに真剣に取り組みます。私たちは全てのメンバーのために新しい成長のメカニズム(例:Career Choice*)を創り出します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Insist on the Highest Standards
リーダーは常に高い水準を追求します。この水準は高すぎると感じられるかもしれません。リーダーは継続的に求める水準を引き上げていき、チームがより品質の高い商品やサービス、プロセスを実現できるように推進します。リーダーは不良を下流に流さず、問題を確実に解決し、再び同じ問題が起きないように改善策を講じます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Think Big
狭い視野で考えてしまうと、大きな結果を得ることはできません。リーダーは大胆な方針と方向性をつくり、示すことによって成果を導きます。リーダーはお客様に貢献するために従来と異なる新たな視点をもち、あらゆる可能性を模索します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Bias for Action
ビジネスではスピードが重要です。多くの意思決定や行動はやり直すこともできるため、大がかりな分析や検討を必要としません。計算されたリスクをとることも大切です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Frugality
私たちはより少ないリソースでより多くのことを実現します。倹約の精神は創意工夫、自立心、発明を育む源になります。スタッフの人数、予算、固定費は多ければよいというものではありません。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Earn Trust
リーダーは、注意深く耳を傾け、率直に話し、人に対して敬意をもって接します。たとえ気まずい思いをする事があったとしても間違いは素直に認め、自分やチームの間違いを正しいと言ったりしません。リーダーは常に自分たちを最高水準と比較、評価します。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Dive Deep
リーダーは常に各業務に気を配り詳細も認識します。頻繁に現状を確認し、メトリクスと個別の事例が合致していない時には疑問を呈します。リーダーが関わるに値しない業務はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Have Backbone; Disagree and Commit
リーダーは、賛成できない場合には、敬意をもって異議を唱えなければなりません。たとえそうすることが面倒で労力を要することであっても例外ではありません。リーダーは、信念をもち、容易にあきらめません。安易に妥協して馴れ合うことはしません。しかし、いざ決定がなされたら、全面的にコミットして取り組みます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Deliver Results
リーダーは、ビジネス上の重要なインプットにフォーカスし、適正な品質で迅速にそれを実行します。たとえ困難なことがあっても、立ち向かい、決して妥協しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日8月9日に招かれて初めて参加した「福山市立東中学校同窓会総会」。昭和37年卒からまたがっている縦会で大先輩ばかり。枝廣福山市長も東中OBとのこと。

IMG_1570.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓東中(通称どんちゅう)の歴史は古く、福山市で一番最初に開校した第一中学校。

IMG_1571.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓校歌斉唱からはじまり収支決算報告のあと初参加者として挨拶。ちょっと私の顔がヘン(笑)

IMG_1572.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年08月06日

伸びない成長しない会社について

▼急成長している会社や伸びている会社には注目が集まるし、私たち経営者もついそういう会社が気になるし、どのような経営をしているのか、経営者はどのような人物像なのか、知りたくなるしパクリたくなる。その経営者が書いた本などはすぐに買ってしまいそう(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これまでも過去に日本で急成長した会社と言えばキリがない。パナソニック、ソニー、ホンダ、京セラ、キャノン、日本電産、ソフトバンク、楽天、DeNAなどなど。それぞれ各社の経営や創業者の人物像について書かれた本は多数出版されており私も多数読んできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼読むたびに成長してきた会社の特徴や強み、戦略などをお手本にしてきたし、試行錯誤しながらいろいろと導入しては取組んできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、これまで成長してきた会社の特徴よりも「伸びない成長しない会社」の特徴を挙げた方がピンと来ると思いネットで調べてみた。それは下記の通り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼社員教育を行っていない。継続的な成長投資を行っていない。継続的な経営改善を行っていない。キャッシュフロー経営を重視していない。通期は黒字だが、単月で赤字の月がある。資産査定(BS)と損益計算(PL)の精度が低い。売上総利益高営業利益率が10%を下回ってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼利益目標など具体的数値目標がない。会社の数字を社員と共有していない。月次決算書を毎月作成していない。或いは、月次決算書の内容を毎月確認していない。赤字経営である。社長に愛人がいる。社長が数字に弱い。経営ビジョンがない。事業拡大の気迫が弱い。流行を追いかけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼会社の強みが曖昧、或いは、会社の強みがない。会社に宗教を持ち込んでいる。後継者やナンバーツーを育成していない。経営者が2/3以上の株式を保有していない。赤字商品や赤字取引がある。資金繰りの厳しい月がある。売上と利益が伸び悩んでいる。潜在顧客の開拓を行っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼新商品や新規事業にチャレンジしていない。本業とは全く関係のない新規事業に手を出している。会社の利益を本業とは関係ない投機分野に回している(株式、不動産、ギャンブルなど等)。経営者と社員の情報共有が出来ていない(会社の数字、失敗やクレーム、顧客や社員の声、など等)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼経理やお金の管理が杜撰である。会社の雰囲気が悪い、或いは、問題社員の存在がある。経営者の価値観に共感していない社員がいる。売上全体の20%以上を占める大口取引先がいる。現金残高が「〔月商−(減価償却費+営業利益金額)〕×1.5」を下回っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ライバル企業の動向を把握していない。顧客の声を無視している。或いは、顧客満足度を追求していない。社員の声を無視している。或いは、社員満足度を追求していない。経営者に苦手分野があり、それを補うブレーンを活用していない。ワンマン経営の弊害が噴出している(パワハラ、セクハラ、モラハラ、身内優先、社員軽視、利益独占、贅沢独占、離職加速、など等)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ここからは私の見解。当然、成長している会社がこれら全てを100%クリアしているわけではない。各社各様に課題・問題を抱えながら成長してきたのだ。私が思うにここに挙げられた特徴とは表面的な事象であって、大きな要因はその根底にあると思う。それは・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼すべてトップにある。それは「遅い」「学習しない」「行動しない」だ。トップが自ら早く学習し、早く行動し続ければ前出の「伸びない成長しない会社」の特徴のほとんどは解消できると思う。でもトップだけでは私のように限界があるので「全員で学習し行動し続ける会社」が理想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、東京で同郷の同級生が7人集まった。これは上岡君がもって来てくれた写真。これは私が手城保育所を退所する時の写真。私は最後列の左から7番目

IMG_1542.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これは手城小学校入学式の時。私は最後列の左から6番目。

IMG_1544.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓手城小学校3年4組佐藤真理子学級の3学期の終わりに記念撮影。一番やんちゃそうなのが私。

IMG_1549.jpg


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月29日

夢を語ることについて

▼「大人が夢を語らないのに子供が夢を描けるわけがない」という言葉を聞いた事がある。確かにそうだ。間違いない。大人が大きな夢を描き語らないのに、子供がいくら夢を見ても描くことは出来ないだろう。夢を見るのと描くのとでは意味が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼夢を見るのは「こうなりたい」「こうしたい」であり、描くのは「こうなるためにどこでいつまでにこうする」とか「どこでこうしたいから誰とこうする」という感じだろう。大人が夢を描き努力し行動する姿を見せないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼今の世の中は先人が夢を見て、描き、叶えてきた積み重ねの上に成り立っている。飛行機は空を飛びたいという夢、電話は離れた人と話がしたいという夢、建築は快適に安全に安心して暮らしたいという夢を叶えた証だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼でも先日、猪岡チームの食事会に参加した時に私も社員に夢を語っていないなあと強く実感。今後はもっと社員と夢や将来について語らう場を軽く緩く多く作ろうと思った。まずは「屋上カフェ」と銘打ってうちの屋上で定期的にやりたい。あくまで自由参加だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私の夢は19歳の時に人生の最終目標として1枚の紙に描いており、その中に会社を作って世界的大企業にするというものがある。この「世界的大企業」に定義はないが、まあせめて最低でも売上が4桁(1000億円)以上はないといけないだろう。いや5桁(1兆円)以上かもしれない(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私もいつか必ず死ぬ。折り返し地点はもう過ぎた。人生は思った通りにしかならないし、やった通りにしかならない。だったらこれから死ぬまでの残り時間を思ったことは全部やるべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そんな姿を社員に見せないといけないなと感じた先週の猪岡チームの食事会だった。うちが目指しているのは「大きい会社よりもカッコいい会社」なので決して規模や売上が大きければいいというわけでなないが、地方から世界に向かって売上1000億円を超える会社もカッコいいではないか。そこは決して100億ではないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼夢は夢らしく。100%達成可能なことは夢ではない。それは目標だ。当然、現実を直視しなくてはならないが、そこで改めて自分自身に問うのは「大人として子供に夢を語れるか」ということ。子供に現実ばかり語ってていいのか。夢は現実から足していくものではなく、夢から逆算していくべきだろう。ならば夢は大きい方がいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そう考えると、これまでを振り返るとかなり遠回りしてしまった気がする(苦笑)。うちの経営理念の中に「常に夢を追いかけよう(理想追求)」というものがあるが、その理念をいつまでも行動で示したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼大きな夢を語ることは相手に勇気と元気を与え、自分を奮い立たせる。夢を描き語ることにリスクもマイナスもデメリットもない。あるのは無限の可能性だ。子供達に語れる大きな夢を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、グッドウィルグループを立ち上げた折口さんの講演会に参加した。このお方も夢を実現された方だ。

IMG_1492.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓成長するスピードが半端じゃなかったことが分かる。会場で折口さんと一緒にコムスンを立ち上げたパートナーの方が「4ヶ月で全国に1200箇所の拠点を作れと折口さんから言われた時には参った」と笑いながら仰っていたのが印象的だった。もちろん1200箇所達成されたとのこと。

IMG_1488.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓直接質問したり名刺交換してお話する機会があった。いちばん印象深かったのがやはりこの言葉だった。

IMG_1486.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月23日

常に備えることについて

▼アメリカ合衆国沿岸警備隊の公式軍歌に「常に備えよ(Semper Paratus)」というものがある。ボーイスカウトでもモットーである「そなえよつねに(Be prepared )」の語が用いられている。日本では甲南大学の創立者である平生釟三郎氏が阪神大水害で校舎を流されたときに「常ニ備ヘヨ」という言葉を石碑に残している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この度のこれだけ広範囲におよぶ西日本豪雨も誰が予想しただろうか。全く想定外だった。しかし天災に限らず経済や経営も同じだ。いつ何があるか分からない。この度の災害で想定外の被害・損害を被った業界や企業も多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当社はこの度の豪雨では幸いにも被害を免れたが、私も過去に会社を創業して天国から地獄へ叩き落されたことがある。好調だった年から翌年に売上が半減し、売上の一割相当額の赤字になって一気に債務超過に陥った。こうなったら雪だるま式。社員は辞めていく、取引先は去っていく、銀行は手のひら返す有様だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この債務超過から脱出するまで数年かかったが、この体験が無ければ今のうちは無い。私はこの経験から「常に備える」ことが体に染みついた。好調な時ほど慎重に、不調な時ほど大胆に考えて行動する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼昔の苦労話なんかしても仕方ないし、経験した者でないとなかなか共感・共有出来ないので、私は基本、苦労話はしないタチ。しかし、また同じ苦労をしないためにも、たまには思い出して自戒も含めてみんなと共有する必要があるような気がしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼好調な時や繁忙期の時ほど、つい過去の苦労を忘れてしまう。またその時に助けてくれた人達の有難さもだ。苦しい時に支えてくれた社員や励ましてくれた家族、友人、逃げずにうちを応援してくれた取引先、そして命の糧である「注文」をくれたお客様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今でも私はこの人達のことを忘れないし縁を絶やさないようにしているつもりだ。出来る限り絆を長く強く深めたいと思っている。でも年月の経過と事業の成長に伴ってこの時の記憶が薄れて恩を忘れがちになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「常に備える」とは決して忘れないこと。だから軍歌にして歌ったり、標語にして唱えたり、石碑に刻んだりするのだ。うちも忘れないように何か考えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日7/17に総社商工会議所にて総社YEGさんのお招きにより講師として登壇させて頂いた。テーマは「百語百会(ひゃくごひゃくえ)〜時を超えて一期一会から繋がり続ける人の絆〜」。この言葉は私が作った造語で今年の広島県連20周年記念会員大会のスローガンにも掲げている言葉だ。

IMG_1449.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓総社も同じようにこの度の豪雨で被害に遭われているにもかかわらず私の拙い話に集まって頂いた。総社YEGの皆さんの熱心さと心意気に感服したし心から感謝したい。

IMG_1444_1.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年07月16日

第一印象について

▼一期一会という言葉。意味を国語辞典で調べると「茶道に由来する日本のことわざ・四字熟語。茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また「茶会に限らず、広く「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう」という含意で用いられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さらに「これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい」と戒める言葉でもあるとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そう考えるとその人と初めて会う一瞬一瞬はとても大切であり相手に与える第一印象も重要である。メラビアンの法則では「第一印象は出会って数秒で決まる」というもの。またその人と初めて出会ってどの要素を優先して判断しているかを調べた結果「視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%」となったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この結果から人間は何を話すかよりも外見や声の調子や身体言語といった話の内容以外のもののほうを重視しやすいということ。つまり見た目や態度などは第一印象を良くするために重要な要素ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私はどちらかというと第一印象を良く見られないほう。図体デカイ、声デカイ、態度デカイ、人相ワルイからということは自分でもよく分かっている(苦笑)。多くの機会を損失しているはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼カーマイン・ガロ著の本『TED 驚異のプレゼン』の中にこんなことが書かれてあった。

 

P129「誠実で自信のある人には堂々とした存在感がある。こういう人は権威が感じられ、そうした印象はまず何を着ているか、そしてどのように振る舞うかで決まる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼続けて「FBIが警察官の銃撃あるいは攻撃した犯罪者を調査したことがある。その結果、犯罪者は、ことにあたる前に勝てる可能性うぃ警察官の身なり(だらしないか、きちんとしているか)や姿勢(猫背か背筋が伸びているか)で判断していたことが分かった」とも書いてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それは第一印象だけで襲われたり襲われなかったりするということ。ある意味、第一印象が命に関わっているということでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは犯罪者に限らず、ビジネスや現場に置いても同じことが言えるだろう。こちらの第一印象によって相手も態度を変えたり対応や条件、言葉遣いが変わるということ。これはビジネス上とても大きいことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その本にはこんなことも書いてあった。もっともだと思うし、役職を持つ者は是非、肝に銘じておくべきだろう。

 

P131「リーダーはどのような状況にあってもたとえ打開策がすぐに思い浮かばなくても状況をコントロール出来ているという印象を与えなければならない。目的を見失ったり萎縮したり煮え切らない態度を取ったりしれはならない。常に自信のオーラを発散しなければならない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ビジネスとは、人から買って人に作ってもらい人に売ることに他ならない。すべては人によるのだ。その人の動き方に影響するのが「第一印象」だとすれば今すぐ重視して見直すべきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓去る7月14日、労働会館みやびにて開催され来賓として招かれた毎年恒例のBINGO GROUPさんの事業発展計画発表会。まず小林会長のご挨拶から。毎回社員の皆さんへ愛情込めた挨拶をされることに感銘を受ける。

IMG_1439.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓事業発展計画発表会のあとの懇親会の様子。社員さんのご家族も大勢招かれ、とても賑やかで楽しい懇親会だった。

IMG_1441.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
716件中(1件〜5件を表示しています)   前   |