2020年03月22日

アウトプットについて

普段、本を読んだり、人から話を聞いたり、SNSや新聞、インターネットなどを見て、いろんな情報や知識、気付きを得られるが、得ているのと活かされているのとでは意味が全く違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、これまで得た知識や情報、気付きを仕事や人生に活かしているのだろうかと振り返ってみると、到底、活かしているとは言えない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己満足しているだけであって自己成長していない。インプットしてもアウトプット出来ていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこでインプットしたものを出来る限りアウトプットするために藁をもすがる思いでこの度読んだ本がこれ。

 

 

『学びを結果に変えるアウトプット大全(樺沢紫苑著/サンクチュアリ出版)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者は精神科医で、基本18時以降は働かず、年間2〜3冊を出版、毎日メルマガを13年、Facebookを8年、YouTubeを5年更新し続け、月20冊以上の読書、月10回以上の飲み会、毎月2回以上のセミナー開催、年間30日以上は海外旅行へ行かれているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インプットの量もハンパじゃないが、アウトプットの量もハンパじゃない。そんな著者が実践しているアウトプットする方法を知りたくて読んでみた。下記は私がノートに書き写した一部。(※印は私の所感)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P19:インプットとは「入力」することで「読む」「聞く」、アウトプットとは「出力」することで「話す」「書く」「行動する」ということ。インプットは「脳内世界」が変わる、アウトプットは「現実世界が変わる」

※私はこの行動することが全く出来ていない。最近ではパソコンやスマホばかり使って「書く」機会も減ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P40:「話す」ことが最も簡単なアウトプットです。(中略)読んだこと、聞いたこと、自分が体験したこと。それについて第三者に言葉で話してみましょう。

※これはコミュニケーションにもつながる。ただ自慢話や無駄な噂話にならないようにしなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P44:東フィンランド大学の研究では、(中略)悪口や批判が多い人は、そうでない人に比べて認知症になる危険性が3倍も高いことがわかったのです。

※悪口と愚痴は言わないに限る。こんなアウトプットはマイナスになってもプラスにはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P116:プリンストン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の共同研究では(中略)手書きの学生の方がよい成績を上げ、より長い時間にわたって記憶が定着し、新しいアイデアを思いつきやすい傾向にあることが明らかになりました。

※最近では商談や面談でもパソコンでメモすることが多くなった。私の場合、手書きの方が断然早いのだけれど、ただカッコつけているだけだ。手書きに戻そう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P134:私は朝机に向かい仕事を始めようというときに最初にすることがあります。それは「TO DO リストを書く」ということです。(中略)私が始業の最初に「TO DO リストを書く」のは、1日の中で「最も重要な仕事」と位置付けているためです。

※著者はこれはスマホやパソコンの中ではなくて紙に印刷して常に見える状態にするべきだと言っている。ここはちょっと私は考えが違っていて、紙よりもスマホに入れておく方がいつでも見れるし、印刷した紙を持ち歩くのは邪魔で仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P196:本書では80個のアウトプット法をお伝えしていますが、これらの中で最も自己成長につながる「最強のアウトプット法」をひとつだけ挙げると、それは「教える」ことです。

※うちでは研修やセミナーを受講した社員に、後日、社内研修会で講師をさせるのはこのためだ。本人も学びを深められ、みんなも学びが共有できて一石二鳥。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P220:自分の「感情」を積極的にアウトプットすることで、様々なメリットが得られます。たとえば「笑う」「泣く」といったことです。

※笑うのはいいけど泣くのはいやだな。笑顔には緊張を緩和してストレスを解消する作用があり、笑顔を作ると10秒で緊張が緩和してハッピーな気持ちになれるとのこと。これは是非心掛けたい。毎朝、身支度しながら口角を上げる癖をつけよう。ただ、いやらしいニヤニヤした顔にならないように注意しなくては。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P226:睡眠はアウトプットにおいて極めて重要。大前提として考えるべきです。(中略)「喫煙」と比べても「睡眠不足」のほうがはるかに健康に悪いことは意外と知られていません。

※ちなみに睡眠不足とは6時間未満をさすとのこと。睡眠不足は効率を下げるだけではなく、癌のリスクが6倍、脳卒中のリスクが4倍、心筋梗塞のリスクが3倍になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも実践的で効果的なアウトプットの方法がたくさん書かれてあるので、やる気があればご一読を。うちの社員はラックス文庫に置いてあるので是非読んでみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓去る3月17日に開催された福山YEGの卒業式。まずは荒木今年度会長の挨拶から。

IMG_6586_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓新型コロナウィルスの影響により自粛ムードの中を厳重な対策の下、厳粛に開催された。

 IMG_6587_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓荒木会長から卒業証書を授与

Z71_7506_R.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今年度お世話になった北ジュニエコサミット委員長から花束を。

Z71_7520_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓YEG活動の思い出を語らせて頂いた。

Z71_7531_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓そして最後に卒業生を代表して挨拶をさせて頂いた。

 Z71_7548_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓横藤田OB会会長からも祝辞を頂いた。

Z71_7563_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓11名の卒業生のうち5名が出席。荒木会長を囲んで記念撮影。

Z71_7656_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年03月09日

非常時の品格について

先週、広島から一人目の新型コロナウィルスの感染者が確認された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その方はまだ若い妻子ある男性で自営業者とのこと。罹患したこと自体にも同情するが、それよりも風評や疎外に晒されているであろうことに強く同情する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分その家族や会社の社員の方たちは、最近の行動や移動先について追跡されていると思われる。恐らくプライバシーも何もないだろう。その子供はいじめられるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこか忘れたが、電車の中で咳をした人がいるだけで緊急停止ボタンを押す輩がいるぐらいだから、感染した方の周りにはもっと酷い仕打ちをする輩がいるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう非常時に、その人の本当の人間性というか品格が現れると思う。もし私が感染したら、周りの人たちがどういう態度をとるのか考えてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの致死率や感染率も従来のインフルエンザよりも低いと聞く。症状も大きな苦痛や高熱もなく比較的軽いとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の殆どの人が、新型コロナウィルスに罹患することよりも、感染したことに対する風評や差別を恐れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの社員に約束してほしいのは、会社や家族の中で、もし感染者が確認されたとしても冷静な判断と思いやりのある言動に尽くしてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対に社内で批難や疎外は誰一人あってはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう時こそ、うちのみんなは最強のチームワークで助け合い、励まし合わなければならないし、仲間とその家族を全力で守らなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして願わくば社外や家族以外でも感染した方やその周辺の方達にも、心ある態度で接してほしい。ここで人としての品格が問われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日頃からいくら綺麗事を誇らしげに言っていても、こういう非常時に人間性がよく分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状況がいつか「コロナショック」と呼ばれるようになった頃、今の私たちの行動や態度を恥じることのないようにしておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先々週末にうちの社内ボーリング大会を開催した一文字町のコロナワールド。名前が関係するかどうか別として、金曜日の夜にこれでは地方経済にも必ず影響を及ぼす。

IMG-6510.jpg

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年02月24日

日課について

日課はとても大切。日課がその人の人格と言うか人生を形成するといっても過言ではなかろう。日課が習慣となるからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネス書でも「心が変われば行動が変わる、行動が変われば習慣が変わる、習慣が変われば人格が変わる、人格が変われば運命が変わる」という言葉をよく見る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日続けることがその人の血となり肉となり骨となる。スポーツやオリンピックの勝敗もコツコツと毎日続けたことの結果の差。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にも19歳から続けている日課がある。それは朝の瞑想。その後、いろんな日課を増やしたり変えたりして今も続けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は瞑想、腕立て伏せ、スクワット、読書、英会話、大学院クラス振り返り、セルフトーク、SIXPADを毎朝1、2時間の間にやっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、前日に飲み過ぎたりした場合はメニューを減らす(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けるコツは決まった時間に起きて、決まった時間にやること。朝早いほうが静かで集中しやすい。

そしてメニューの数だけキッチンタイマー(百均モノ)を準備して机の上に置いておき、それぞれ時間を計る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また日課を曜日や日(5のつく日とか1のつく日とか)によってメニューを変えたり増やしたりするのもいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでにやめた日課もある。以前は毎日30分ほど散歩をしていたが、最近は東京で歩く機会が多いのでやめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエストを減らそうと思って腹筋をしていたこともあったが、皮下脂肪の下に筋肉がついて余計にウエストが増えた気がしてやめた(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に最近、増やしたい日課は居合の素振りと囲碁の練習。素振りは場所に困り、囲碁は相手に困る(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ頭や体に良いことを日課にしたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日参加した日本商工会議所青年部全国大会沼津大会の会場。残念ながらこれだけ広い施設は地元の福山にはない。

1254AA09-2560-4026-AB8B-628207F1BFB2-293-00000012B7188AAA_R.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓記念式典が始まった。

5AEF84D3-3F9E-4546-92F4-D2B907E57726-293-00000012B4B81180_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓しかし、新型コロナウィルスの予防のため、ほとんどの参加者がマスク着用という異様な光景

D65BEFD8-3D51-4F17-A8A8-C772A4EA2B2D-293-00000012B6117345_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場前で福山YEGの仲間と記念撮影。参加登録者数50名強

IMG_6459.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大懇親会の時の様子

IMG_6460.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場へ来る前に立ち寄った三嶋大社にて

IMG_6462.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昼食はうなぎ

IMG_6457.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年02月16日

短気は損気について

この度、アンガーマネジメントに関する本を読んだ。アンガーマネジメントとは「怒りを管理・コントロールする」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んだ本は「アンガーマネジメント入門(安藤俊介著・朝日文庫)」「はじめてのアンガーマネジメント実践ブック(安藤俊介著・ディスカバートゥエンティワン)」「怒らない伝え方(戸田久美著・かんき出版)」の3冊。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は生来のイラ助・短気者で、「短気は損気」を地で生きているようなもの。年を重ねるにつれていくらか気長になっているとは思うが、それでも普通の人より気が短いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、まだ若い頃は、気が短いことを強みと自慢にしていたところもあったかもしれない(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも振り返ってみると、短気で損したことはあっても得したことなどまず無い。今でもつい怒ってしまい、自分の言動に後悔することもしばしば・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、読んだ3冊の本は、アンカーマネジメントのセミナーを受講するための課題図書で、著者もその関係の方なので内容に共通するところは多かったが学ぶところも多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの会社にも、つい怒ってしまい、取引先や社内での人間関係、自分の言動や意思決定に後悔したことがある人も多くいるだろう。心当たりのある人はラックス文庫に置いてあるので是非読んで欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本には「怒らないようにする」ことではなく「怒り方を変える」「上手な怒り方」が書かれてある。怒ることは決して悪いことではなく怒り方が悪いのだということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りは人間も含めて動物にとって必要な感情で、最も大きなパワーを生み出す源泉でありスイッチとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『自分を危険にさらす目の前の敵に対して「戦う」か「逃げる」かという選択をするための命令なのです』(アンガーマネジメント入門)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、いつもどこでも敵と戦ってばかりいるわけにはいかないし、誰でも彼でも相手にして戦ってはいけない(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怒りや衝動は必要に応じて必ず抑えられる。その方法について詳しく書かれていた。一部下記の通り。(怒らない伝え方)

 

1.怒りを数値化する
2.思考を停止させる
3.その場から離れる
4.数を数える
5.深呼吸をする
6.心が落ち着くフレーズを唱える
7.今に意識を集中させる
8.怒りを記録する
9.「○○べき」を洗い出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれに詳しい方法が書かれてあるので、取り返しがつかなくなる前にぜひ一読を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先週の木曜日2月13日に羽田にあるJALミュージアムへ見学にいった。

5FD383F9-8E75-4716-993F-8C5BBC7C0B2A-19814-00004B894BEF6C19_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓格納庫の中の写真はSNS禁止なのでここでは公表できない。これは格納庫から偶然見れた「嵐コラボ」の旅客機。 

C6917B95-E872-4CF0-AED7-F391336E92E1-19814-00004B894C554949_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓歴代のJALのCAのコスチューム。手前から古い順に並んでいる。

F4AAE48E-C59E-4DB8-B7F3-B095C8F93C61-19814-00004B890350D74E_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これが初代

C3A769A4-C12F-4691-A8D2-B908E80B80BF-19814-00004B8949BA1B88_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これが現在

18ED13A3-DAD3-4722-B45B-CD2D541EC1D5-19814-00004B894B0DAF77_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一番、目を引いたコスチュームがこれ。スカートが短すぎる(笑)。当時も話題だったとか。

DA13EB01-E91A-4990-A475-D0C0D7CC87DB-19814-00004B894AA2D5F6_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年02月05日

士(さむらい)について

私は昔から男子として士に憧れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、たいして勉強が好きでもないのに、中学受験してまで地元に無かった私立男子中学校へ入学し、親元を離れ広島の祖父母の家に居候して通っていた(しかし地元が恋しくなって3年生から地元へ戻り公立中学校へ転校した…苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃から葉隠や武士道、五輪書、孫子、韓非子、孔子などの本を読み漁っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部活も当然、剣道部。もともと球技が苦手だったこともあったが、士に憧れていたので迷いなく剣道を選んだ。中3のときには福山市大会で準優勝もした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも私の父方の先祖は山間部の田舎百姓だったらしいが、誠におこがましくも父方か母方の遠い先祖は、階級や家格は別として士だったのではと思っている。というかその種の血が私に流れていると勝手に思っている(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京との往復が増えて仕方なくやめてしまったが、習っていた茶道も武家茶道だったし(また習いたいと思っている)、居合道(夢想神伝流)は今でも習っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下着もここ数年毎日、褌(ふんどし)を締めている(褌は「履く」とは言わない)。褌という漢字は軍(いくさ)の衣(ころも)と書くところに惹かれたのもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黙想も毎朝20年以上続けているし、今では奇数月に2回、座禅会に参加させて頂いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、最後の士と言われる山岡鉄舟について書かれている「命もいらず名もいらず(山本兼一著(NHK出版)」という本を読んで、より一層、士の生き方に深い感銘を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

士魂商才という言葉があるように士の道も経営者の道も通じる部分は多くある。「志(こころざし)」という漢字も士の心と書くではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前も「哲也」ではなく、弓矢の「哲矢」と書くのもまた何か縁を感じずにはいられない(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山岡鉄舟が十五歳の時に己に課して書いた「修身二十則」は現代でも充分通じるものがあるし、こういう世知辛い今だからこそ必要だと思う。

 

一. 嘘を言うべからず
一. 君の御恩忘れるべからず
一. 父母の御恩忘れるべからず
一. 師の御恩忘れるべからず
一. 人の御恩忘れるべからず
一. 神仏ならびに長者を粗末にすべからず
一. 幼者を侮るべからず
一. 己に心よからず事 他人に求めるべからず
一. 腹をたつるは道にあらず
一. 何事も不幸を喜ぶべからず
一. 力の及ぶ限りは善き方に尽くすべし
一. 他を顧して自分の善ばかりするべからず
一. 食する度に農業の艱難をおもうべし 草木土石にても粗末にすべからず
一. 殊更に着物を飾りあるいは上辺を繕うものは心濁りあるものと心得べし
一. 礼儀をみだるべからず
一. 何時何人に接するも客人に接するよう心得べし
一. 己の知らざることは何人にてもならうべし
一. 名利のため学問技芸すべからず
一. 人にはすべて能不能あり、いちがいに人を捨て、あるいは笑うべからず
一. 己の善行を誇り人に知らしむべからず すべて我心に努むるべし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日2泊4日で行ってきた初めのハワイ。日本YEG主催のセミナーに参加した。初日は日本総領事館で前泊者懇親会。

IMG-6118_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓二日目は朝からインバウンドとハワイ経済についてセミナー

IMG-6120_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓講師は地元ハワイ・オブ・バンクのシニアバイスプレジデント(日本人)を含めて3人。

IMG-6114_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓終わった後は大懇親会

IMG-6190_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓会場から望む夕日は美しかった。

IMG-6165_R.jpg 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
760件中(1件〜5件を表示しています)   前   |