2018年05月16日

語彙力について

▼「お前は何を言いたいのかよう分からんけど気持ちはよう分かる」と先輩経営者から昔よく言われていた。さすがにうちのみんなは私に直接そうは言わないがそう思ったことは何回もあったんだろうなと思う(今でもそうかもしれないが・・・苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは単純に私の話にボキャブラリーが足らないことと、主語・述語がちゃんと並んでいなかったからだ。気持ちは伝わったとしても内容や意図が伝わらなければ会話の意味が無い(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼でもこれって仕事も同じことで、社外の顧客や取引先は我々に対して「あなたは何を言いたいのかよく分からないが気持ちはよく分かる」とは言ってくれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ビジネスで取引先への依頼事項や顧客への確認事項などで、こちらの意図が相手に充分伝わっていないと現場や業務、取引の内容に支障をきたす。反対に相手の意図もこちらが理解できないと同じことが起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼もっと掘り下げると、社内でもそうだ。部下は上司の指示や指導に対してたとえ「あなたが何を言いたいのかよく分からないが気持ちは分かる(怒ってるのね?それとも喜んでる?)」と思っても口が裂けてもそんなことは言えない。これも部下が上司の指示通りに100%出来ない理由の一つだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼英会話にたとえると分かり易い。単語を1000覚えている人と100しか覚えていない人の会話って意思の疎通が1割しか成り立たないということ。1000の人からすると「この人は何を言いたいのか?」と思うし100の人からすると「この人は何を言っているのか分からない」という感じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「言葉は書くものでも読むものなく操るもの」と言われている通りで、勉強も仕事もどれだけの言葉や意味を知っているかで結果も成果も大きく変わる。言葉を武器だと捉えると多いのと少ないのとでは勝敗は目に見えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼立場が上がれば上がるほど業務の量や周りに与える影響力も増えるし、重要度や責任の度合いも高くなるので豊富な語彙力(ボキャブラリー)が求められる。でなければ立場に相応しい役割を全うできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は高卒(しかも通信制をやっと卒業)だが、間違っているかもしれないけれども学歴の違いは語彙力の違いだと思っている。だから本をたくさん読んで語彙力を鍛えないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼英会話で相手の英語力が分かるのと同じで、日本語も会話の中で相手の語彙力が分かる。仕事や会社ではコミュニケーションがとても重要。しっかり読書して語彙力を磨いてほしいものだ。役職に「長」が付く人は特に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先般5/11に東京虎ノ門で開催された日経BP主催の「すごい採用プロジェクト発表会」に私と兼田、井上、玉川の4人で参加した。うちが求める「欲しい人材」をプレゼンした。

IMG_2347_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓まずは会社概要の説明を私が。身振り手振りのジェスチャーが足らないという指摘が(苦笑)

IMG_2365_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓続いて営業部を代表して井上がプレゼン。営業部が欲しい人材は「ピンチはチャンスだと思う人」

IMG_2356_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓次は工事部を代表して若手のホープ玉川のプレゼン。工事部が欲しい人材は「チームワークを大切にする人」

IMG_2360_R_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最後は総務部を代表して兼田がプレゼン。総務部が欲しい人材は「なんだかんだで人が大好きな人」

IMG_2364_R.jpg 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年05月06日

未来の人口減少日本について

▼先般「未来の年表〜人口減少日本でこれから起きること〜(河合雅司著・講談社現代新書)」という本を読んで、これからの日本の将来について、またうちの会社としてもあるべき姿、やるべきことは何なのかを考えさせれた。知らないよりか知っていた方がいい近い将来の現実。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P10「2050年頃には国土の約2割が無居住化すると予測される。さらに時代が進んで、スカスカになった日本列島の一角に、外国から大量の人々が移り住むことになれば、武力なしで実質的に領土が奪われるようなものだ(中略)真綿で首を絞められるように確実に日本国民1人一人の暮らしが蝕まれていく。この事態を‘静かなる有事’と名付けた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼実際、日本は人口が減っているが世界人口は益々増加しており深刻な食料問題も抱えている。それに比べて日本国土は海、山、川に囲まれた自然豊かで外国人にとっては住みやすい国ではないだろうか。日本も働き手が減ってきているので外国人を受け入れざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2017年「日本人女性の3人に1人が65歳以上。高齢者がより高齢化する時代に」
2018年「国立大学が倒産の危機へ。学生の募集を停止する流れが加速する」
2019年「IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ。AI開発も停滞」
2020年「女性の2人に1人が50歳以上に。出産できる女性が激減する日本」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼出生数が減って高齢者が増えるというのは、母親と父親の二人から一人しか生まれない若しくは一人も生まないということは折り紙を半分に折り続けるほどの国力の先細りだと思う。これは人材の育成・確保・後継者どころか産業・職業自体の存続が危ぶまれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2021年「介護離職が大量発生する。団塊ジュニア世代が50代に突入する」
2022年「ひとり暮らし社会が本格化する。ひとり暮らしの貧しい高齢者が急増」
2023年「企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめ社会全体が機能不全に」
2024年「3人に1人が65歳以上の超高齢者大国に。6人に1人が75歳以上」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼こういった有識者の調査・予測に対して当然、国もいろいろな施策や打ち手を施していると思うが私達一般庶民にはまだ実感がわかない。いや、感じ取れていないだけかもしれない。この本の著者の言葉を借りればこうだ。

 

「人口減少にまつわる日々の変化というのは、極めてわずかである。昨日と今日の変化を指摘しろと言われても答えに窮する。影響を感じにくいがゆえに人々を無関心にもする」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2025年「ついに東京都も人口減少へ。東京一極集中は日本の破綻につながる」
2026年「認知症患者が700万人規模に。介護する側される側も認知症という現実」
2027年「輸血用血液が不足する。輸血用血液の80%が手術に使用。手術に影響」
2030年「百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える。80%が生産力不足に」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2030年までについて本に書いてあることをざっとおさらいしたが、そんな遠くではなくてあっという間にこんな時期が来るだろう。ネガティブなことばかり書かれていたが、知っているのと知らないのとでは大きな差がある。ここで私たちが考えなければならないのは、仕事を通じて何が出来るか、国や未来にどう貢献できるかということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この近い将来の予測から、私たちがやるべきこと、やらなくてならないことなどヒントがたくさんある。トヨタや松下、アップルやマイクロソフト、グーグル、アマゾンの創業者達はこうやって未来を予測しながらビジョンを描き、考え、行動していたんだと思うとチャンスはまだまだあるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここで紹介させて頂いた本

IMG_0893_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓同時にこの連休中に読んだ本。しばらく積読したままだった。表紙は胡散臭いが統計的・論理的な展開のしっかりした内容でこれまでのリーダーシップ論に一石を投じる一冊。

IMG_0894_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月30日

サボりについて

▼先日、シリコンバレーで暮らすあるベンチャー企業の人のブログにとても興味深いことが書かれてあった。それは第二次世界大戦時のCIAの秘密資料でSimple Sabotage Field Manual、つまり敵国内のスパイが、組織の生産性を落とすためにどのような「サボり」ができるか、という「サボり方ガイド11か条」で2008年にCIAが公開しているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ 崔躇嫂爾機廚鯊イ后スピーディーに物事を進めると先々問題が発生するので賢明な判断をすべき、と「道理をわきまえた人」の振りをする。

 

※以下、全てに言えることだが公共性が強い、或いは大規模な組織になるとこういったスパイのような人が増えるのも止むを得ない気もする。しかし、ここは社風や文化とトップの強いリーダーシップで乗り越えないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼可能な限り案件は委員会で検討。委員会はなるべく大きくすることとする。最低でも5人以上

 

※つまり委員会は必要最小限に抑えて5人以下が理想ということか。分かる気がする。人数が増えれば増えるほど意思決定が遅くなるし、論点もブレブレで全く意味のない結論に陥りやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2浸も指揮命令系統を厳格に守る。意思決定を早めるための「抜け道」を決して許さない

 

※ルーチンワークや定型的業務などは指揮系統を守った方が正確で効果的だと思うが重要なことや緊急時などは、それぞれの立場で適切な判断により「速さ」を優先する勇気が欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼げ饉卞發任料反ヅ位置付けにこだわる。これからしようとすることが、本当にその組織の権限内なのか、より上層部の決断を仰がなくてよいのか、といった疑問点を常に指摘する

 

※まさしくこれなどは大企業や官公庁などはスパイだらけということになる(苦笑)。組織が大きくなればなるほどガバナンスやコンプライアンス上、必要なことかもしれないが、目的や効果、優先順位を考えずに何でもかんでもここを指摘する人にはやる気の無さや責任回避を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼チ芦鵑硫餤弔之茲泙辰燭海箸鮠し返して再討議を促す

 

※検証するのと蒸し返すのは意味が違う。検証とは決まったことを実行した結果を振り返り効果を確かめ次に活かすこと、蒸し返すとは否定・批判ばかりして次に全く進めないこと。後者は悪意か私心からだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼κ現颪郎戮な言葉尻にこだわる

 

※ある団体の役員会ではこのパターンがよく見受けられるが、文法上や語学的な意味での指摘なら理解出来るが、言葉尻を理由にして相手を攻撃したり妨害したり理不尽な要求をしたりするのは、もう住む世界が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼Ы斗廚任覆い發里隆萎な仕上がりにこだわる

 

※私の中で重要なものの判断軸は、そのことが周りに与える影響が「短期か長期か」と「小さいか大きいか」で、影響が短期で小さいものであれば仕上がりにこだわらない。まさしく“Done is better than perfect.” 完璧であるよりも、終わらせる方がいい。ここには能力の高さよりも性癖を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼┰斗廚紛般海あっても会議を実施する

 

※役職が高くなるほど業務の重要度は高く、仕事の規模も大きくなってくる。私は業務や案件によっては会議の予定変更や中断も止むを得ないと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼なるべくペーパーワークを増やす

 

※会社が成長していく過程でコンプライアンスやガバナンスを考えれば一時的には増えると思うが、現代では電子化・ネットワーク化で合理化が可能だ。帳票や書類も定着したあと電子化すればいいと思う。ペーパーワークで必要なのは目的や効果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼業務の承認手続きをなるべく複雑にする。一人で承認できる事項でも3人の承認を必須にする

 

※これも必要なことだと思うが先のやい汎韻犬如⊇斗彭戮簍ダ莉膂未鮃佑┐困砲覆鵑任發んでもというのは意思決定や行動を遅くしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼全ての規則を厳格に適用する

 

※規則にも階層や強弱をつけるべき。基本、規則とは集団の中でお互いの個人的権利や資産、安全、生活、健康、集団での秩序、倫理、利益、法令を守るものでなければならないと思っているので、それを阻害するような規則や無駄な規則は排除するべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昨日、社員旅行で行ったトヨタ産業技術記念館。このトラックはトヨタが初めて作ったトラック「トヨダトラックG1型(1935年製)」。

IMG_0767.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓これは当時、どの車にも取り付けが義務化されていたもので、当時の日本は舗装された道が少なくほとんどが砂利道で、走行中のタイヤから小石が飛び跳ねるのを防ぐためだとか。

IMG_0768.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ボンネットマスコットには「豊田」の文字と名古屋の鯱を模したデザインとなっている。

 IMG_0770.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓トヨタの創業家豊田は「トヨダ」と読むので創業時のエンブレムも「TOYOTA」ではなく「TOYODA」になっている。トヨダをトヨタに変えた理由は「トヨタ」は8画なので末広がりで縁起がいい、濁音が無い方が聞こえが良く、個人と会社を区別するためだとか。

IMG_0773_R.jpg 

 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月22日

うちのブランディングについて

▼先月から人材採用を積極的且つ効果的に推し進めるためのプロジェクト『すごい採用プロジェクト(略:すごサイ)』のプロジェクトチームを各部署から一人ずつ選出して取組んでいる。メンバーは営業部から井上、工事部から玉川、総務部から兼田と私含め4人だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼目的はただの人材採用が目的ではなくて、うちが求める理想の人材、うちと相性のいい人材を採用するために我が社のブランディングを各部署にまたがって確立していくこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それはうちがどんな会社なのか、何のために存在しているのか、何か強みなのか、各部署ではどんな仕事をしているのか、どんな人材が欲しいのか今までを振り返り、見つめ直し、ディスカッションしながら明確にしていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さらにそれを新卒者や求職者へ説明するために伝わり易く分かり易くパワーポイントに落とし込んでいく。私は我が社について、井上は営業部について、玉川は工事部について、兼田は総務部について、それぞれスライドが10〜15枚ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼このプロジェクトを監修している村尾隆介氏の著書「小さな会社のブランドづくり(日経BP社)」にはいろいろと共感するところや参考になることがたくさん書いてある。

 

 

P3「小さな会社がブランドをつくることこそが日本経済を再び飛躍させることになると信じて取組んでいます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私もそう思うし、そうでありたい。うちを含めて地方の中小企業は自社のブランディングには無頓着というか関心が薄い。とかくブランディングというのは大手企業がすることだと思っている。でも国境や地域、業界の垣根がなくなって小が大との容赦ない競争にさらされている昨今、そうとも言っておられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼特にうちのような建設業界では働く者や職場、工事現場においてはブランドとは程遠く意識も低い。作業着やヘルメット、工事看板、カラーコーン、仮囲い、掲示板、仮設などには統一感やデザイン性など全く無く、ムラがあったり不揃いだったりマチマチ。

 

 

P21「小さな会社は大企業のまねをしてはならない。大企業のブランド戦略は小さな会社で通じない」「小さな会社は思っている以上に‘分かりにくい’存在。だからこそ小さな会社は事業をシンプルに伝えていく」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼大手と同じようなブランディングをしたところで認知度も規模も資金力もインパクトも叶うはずがない。同じ戦略をとってもその中に埋もれてしまうだけ。だから大手とは全く違うブランド戦略を取らなくてはならない。

 

 

P51「小さな会社のブランドづくりでは絞り込みが不可欠」「事業領域を狭くして顧客の困りごと解消に注力」「オフの知識や経験をオンにも生かす」「女性の視点や海外の動向を意識する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼大手には規模や範囲、歴史、実績、知名度などでは絶対に勝てない。しかし、私たちが常に意識して努力して磨けば勝てるものがある。それは‘カッコよさ’。大きさやインパクトでは勝てないがカッコよさなら努力次第では充分勝てる可能性あるし、大手の中に埋もれずに存在感を出すことが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼カッコいい会社、カッコいい事務所、カッコいい社員、カッコいい現場、カッコいい仕事、カッコいい制服、カッコいい道具、カッコいいロゴマークなど。決して大きくなくてもいい、カッコよければ関心や注目を集めることが出来るし、人も情報もお金もアイデアも集まってくる。だからうちは、

 

 

【大きい会社よりもカッコいい会社を目指す】

 


私が考えるカッコいい要素とはシンプル、スマート、スピーディ、スタディ、スマイルの5S。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日東京都昭島市で開催された3泊4日のロングセミナー、ビクセン社主催「星空ビジネスセミナー」に東京営業所の柴と私の二人で参加した。

IMG_0664_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓場所はフォレストイン・昭和館というホテルで緑に囲まれた長閑なところだった。

IMG_0673_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓二日目の夜はあいにくの天気で、屋外での天体望遠鏡の実習は出来ず屋内に設置したプラネタリュウムによって天体について学んだ。これはとてもインパクトあった。

IMG_0679_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓望遠鏡のトップメーカー、大学、省庁、地方自治体によるパネルディスカッションはとても勉強になった。うちのビジネスにも導入したいことがたくさんあった。

IMG_0667_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2018年04月08日

良きリーダーの姿について

▼当たり前からも知れないがリーダーシップとは自分以外の複数の人を突き動かすことに他ならない。一人で動いているのはリーダーシップでもなんでもないし、そんなのはリーダーでもなんでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当然、組織や会社の中で「長」という役職が付く人は複数のメンバーや部下を率いる以上、リーダーシップを磨いて発揮しなくてはならないし、リーダーシップが無ければ身につけなければリーダーである資格がない。メンバーや部下が路頭に迷ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今年のはじめに心石工芸の心石社長から薦められて読んだ本「よき経営者の姿(伊丹敬之著)」には経営者に限らずあらゆる組織のリーダーにも参考になることが書かれてあった。

 

 

P31「百工あれば百念あり。これをひとつに統べる。これ匠長の器量なり。百論ひとつに止まる。これ正なり」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼組織とは十人十色、自分以外の人はそれぞれ顔も違えば育ちも性格も違うので考え方も違うし意見も見方も違う。十人いれば十通り、百人いれば百通りのやり方がある。それを一つにまとめるのがリーダーだ。

 

 

P61「リーダーとはその組織の求心力の中心となる人物のことである。リーダーとしての経営者の役割は組織の中で働く多くの人々を束ね統率していくことである」

 

 

P63「代表者の役割には組織として外部の何らかの働きかけ(例えば消費者の説得、政府の説得など)を行う際に先頭に立つ役割と、外部からの波に対して組織の内を守る防波堤の役割という二つの役割が含まれる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼リーダーシップとは人を動かして事を為すこと。1+1=2ではなく1+1=3もしく4にする力である。レバレッジ(てこ)を効かす能力だと言ってもいいかも。だから優れたリーダーは少ない人数でもメンバーの能力を最大限に引き出し最大の効果をあげる。

 

 

P148「大きな仕事の場は人を大きく深く考えさせるのである。そして大きな仕事の場には深い悩みとギリギリの決断を迫る状況が生まれるだろう。(中略)人は仕事の場の大きさに応じて育つのである」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そんなリーダーもトライ&エラーで挑戦と失敗の繰り返し。でもこの繰り返しの中で強くなれるのだと思う。リーダーは失敗を恐れるよりも何もせずにメンバーの敬意を失うことを恐れるべきだ。失敗や間違いは誰にでもある。問題なのは人は臆病者の言うことは聞かないということ。

 

 

P189「‘いい人’は何かを切ることを嫌がる。切られて出る血を見たくないのである。その結果二つのことが起こる。第一に大半の人の仕事が増えてしまう。気配りで増え、切らないから以前から仕事が減らないのである。第二にそれでも組織は仕事をこなす必要があるから‘できる人’に多くの仕事をまわして処理してもらいたくなる。それでも悪平等な表面の繕いや気配りを忘れない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼慎重なのと臆病なのは違う。前者は成功するために深く考えることであり後者は失敗するかもしれないと考えることだ。まったく逆。

 


P208「小さな失敗を正さない誤りというのが一番怖いのである。その誤りを前項の三つの誤り(‐況認識の誤り⊃擁鑑定の誤り人格的ゆるみの誤り)に加えて第四の誤りとして重要視する必要がある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私自身もうちの会社の一番の「長」である「社長」として、リーダーの条件を満たすべく日々精進しなくてはならないと思う。内面も去ることながら外見も大事だ。表情(しかめっ面)、服装(汚れやシワはないか)、態度(貧乏ゆすり、腕組みなど)、言葉(滑舌が悪く言葉足らず)、声(大きすぎる?)、歯並び(矯正中)など、社長として改めなくはならないところはたくさんある・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓Vixen様による天体観測セミナー。「屋上にあがればいつでも宇宙と対話できる」「どんな屋上でも天文台になれる」

今後弊社も屋上で天体観測セミナーを開催するべく準備中。

30441806_1701151323307732_97295758172094464_o.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
704件中(1件〜5件を表示しています)   前   |