2019年06月01日

社員旅行について

▼うちでは毎年春に親睦を深めるために社員旅行へ行く。行く先は毎回、親睦委員会のメンバーが決めるので私も寸前まで行き先を知らされない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この度はバスを貸し切って山口県まで行き、津和野、瑠璃光寺の五重塔、湯田温泉、秋吉台のカルスト台地、サファリパーク、秋芳洞など観光巡りをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は生きてるうちに、いろんなところへ行ってみたい。そこでしか食べれないものがある、そこでしか呑めない酒がある、そこでしか見れないものがある、そこでしか会えない人がいる、そこでしか聞けないことがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また仲間と一緒に行けば、より一層楽しい。普段、会社で一緒に仕事している仲間と時間を気にせずに共に食べて、共に呑んで、共に楽しみ、共に寝る。最近では宿泊も多くが個室を希望する傾向が強いが、私は和室で仲間との雑魚寝が好きだ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼日本商工会議所青年部へ出向していた折には、宿泊先を行き先の単会が手配することがあるが、そういう場合は初めて会う複数のメンバーと同じ部屋に宿泊することがあり、その時に知り合った仲間とは今でも長く付き合える仲になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼中国故事で「絆を深めるために美味しいものを食べる」という意味の言葉や、ことわざでも「同じ釜の飯を食う」「寝食を共にする」という言葉がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これらの言葉には美味しくものを一緒に食べて団欒のひとときを過ごしお互いをよく知るということや、仲間として仕事や生活を共にして苦楽を分かち合うという意味だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼だから私は食事会や旅行はとても大切だと思っている。必ず家族揃ってご飯を食べるという家庭はとても円満で健康的で良い子が育つと言われるではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼最近増えてきたM&Aでも「同じ釜の飯を食う」ことが対立や反発を防ぎ、より早くお互いの理解や関係性を深められて大きく相乗効果を上げることが出来ると言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼科学的にも「同じ釜の飯を食う」効果が実証されているとのこと。それは同じ振動数や周波数、感覚を共有しお互いの脳波や感情が「同期化」するということらしい。それはスポーツや共同作業でも同じことが言えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私の好きな言葉に「会社と思うなチームと思え、仕事と思うな試合と思え」という言葉があるがこの好きなチームで絆を深めるために今後も食事会や旅行をしっかりと続けていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この度の社員旅行で行った秋吉台サファリパーク。まず百獣の王ライオン。

IMG_4116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓カバではなくサイ

IMG_4093.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓バスの前を横切るシマウマ

IMG_4100.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一度乗ってみたいラクダ

IMG_4103.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ヤギの子供達

IMG_4122.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓虎。ライオンとどちらが強いか見てみたい。

IMG_4118.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ホワイトタイガー

IMG_4123.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓熊。くまのプーさんのモデルになっている種類とのこと。

IMG_4108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓日陰に寝そべって休んでいるカンガルーたち

IMG_4132.jpg 

 

 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年05月20日

社風について

▼会社の文化や社風とは、作るものではなくて時間をかけて育まれるものだ。だから無理やり社員に合わせるものでもなければ、お客さんに合わせるものでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今日、地元の有名なある優良企業のT社長のコメントにこんな言葉があって強く共感した。私も全く同じ流儀だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「朝一、大きな声で挨拶の復唱する。社是とか行動指針をみんなで唱和する。目標管理を厳しくやる。昔流行りの威圧的な経営はブラックなんだそうだ。うちはそういうことをちゃんとやる会社ですから違を唱える人は来なくて良いよ。出社して頂く必要もなし。自由な社風には一定の規律も訓練も必要であると断言します」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この言葉のあとにこんな言葉が続く。

 

「人の言葉を自分流にアレンジして偉そうに上から目線で語ってる人に言いたい、君は何かを作り上げたことなんてないんだろう。だからそんなに軽く思想ってものを振りかざすんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼SNSやインターネットなど、質の良し悪しや真偽に全く関係なく一瞬にして広く拡散・伝播する現代の情報や安易な言論や思想が、これまでの経済成長と国民の生活を支えてきた日本的経営、日本的雇用、日本的教育を蝕んでいるような気がしてならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼先日もトヨタ自動車の豊田社長が「雇用を続ける企業などへのインセンティブがない。終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」という発言をして反響を呼んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また「全員一律」の慣習打破を掲げ「『一律』は自分の中ではフェアではない」とも豊田社長は述べている。全員「平等」ではなく「公平」にということだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これまで長く終身雇用を守り続けてきた日本の代表たる世界企業のトップがこのような発言をするということはとても重たくて感慨深いものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは国境なき壮絶な企業間競争の中で、社員とその家族の生活を守ろうとしてきた企業側と、「働き方改革」の言葉を傘にアウトプットに繋がらない待遇や条件ばかり要求する組合側との乖離が露呈した格好だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その会社にはその会社をこれまで成長させてきた先人や先輩がいて、その支えとなった理念や社訓、社風、慣習、文化があるはず。それは一朝一夕で作れるものではなかろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それを一時的な流行や、意味なく根拠なく氾濫する無責任な情報や思想・言論に振り回されて、簡単に変えたり削ったりすることは如何なものかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼たとえ人手不足だろうが、たとえ流行遅れだろうが、独自の社風と理念を貫き、規律は規律、ルールはルール、ならぬことはならぬという言行一致、一徹さが、その会社の社員とその家族の生活を守ることが出来るのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、お得意先に招かれてうちの東京営業所の室所長と二人でお邪魔した小料理屋さん。四谷の繁華街の中で玄関に店の看板もなにもない。その店の名前は「盾と矛」。自衛官に優しいお店とのこと。

IMG_4012.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一戸建ての住宅を改装してオープンされたとのこと。部屋の雰囲気も小洒落ていい感じ。

IMG_4010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ただ、2階には個室が2つあって部屋の名前がインパクト大(苦笑)。

IMG_4007.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓もう1つの部屋の名前も・・・。

IMG_4009.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年04月28日

愚痴と不平不満の違いについて

▼基本、私は「愚痴」と「不平不満」は違うと思っているが、念のため辞書で調べてみた。

 

【愚痴】仝世辰討發靴たのないことを言って嘆くこと。「くどくど―を並べる」∧語。三毒の一。心性が愚かで、一切の道理にくらいこと。心の迷い。また、そのさま。

 

【不平不満】「不平」は、心がたいらかでないこと。満足できず心が穏やかではないこと。また、そのさま。「不満」は、満足できないこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼なるほど、辞書では両方とも意味に大した違いはないかもしれないが、私は使う人や受け取り方に大きく違いがあると思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私がここで言いたいのは「愚痴」と「不平不満」はちゃんと聞き分けないといけないということ。聞き手、特に組織ではこの「愚痴」を鵜呑みにして振り回されないように注意しないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が考える「愚痴」と「不平不満」の意味はこうだ。

 

【愚痴】言ってもしかたないことを誰にでも嘆き、相手に同情・同意を求めること。言う人の弱さや癖、感情・気分によって発せされる言葉。

 

【不平不満】言う人の能力と評価のギャップや、理想的な環境と現実の差異を意思表示すること。不公平や不条理、不十分から発せられる言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼だから「不平不満」には組織や環境の改善に繋がるヒントがあったり、問題や課題を解消できる可能性は高いが、「愚痴」には本人の気分は良くなっても組織や環境が良くなる可能性は無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この「愚痴」を鵜呑みにして解消するために、あれやこれやと時間と労力を割いたあげく、結果的に言った本人はそのことにはケロッとしていて、また新たな愚痴を助長してしまうことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼幹部や上司は、これをしっかりと聞き分けて対処したい。「不平不満」には会社や組織を改善し成長させるヒントがあるかもしれないので、しっかりと傾聴して建設的に受け止める努力が必要だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし「愚痴」はその人の弱さ、好き嫌い、わがまま、癖、対人関係、性分、気分によるものがほとんどで、時間を置く以外に他人や組織が解消する術はない。その値打ちがあるかどうか別として出来るとしたら愚痴を聞く時間をたっぷりと割くことだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が思う「愚痴」と「不平不満」を聞き分けるための軸は、言っている内容が一人称か二人称か三人称なのかということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼つまりそれを解消すれば、本人にとって良いことなのか、それは相手にとっても良いのか、それとも他の人にとっても良いことなのかということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今後、権限委譲や人事評価制度を導入していく上で、ここを間違って受け止めてしまうと会社はとんでもない方向へ進んでしまう。批判を恐れずに言うと、責任を問われない任意団体のように言わないと損みたいな組織になってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼聞く側は是非、気をつけて聞き分けたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、廿日市で開催された広島県連平成27年度同期会長会のあとに二次会で行った廿日市YEGのメンバーの店「ブッダ」。店の看板にはたくさんの「ブッダ」の文字が(笑)。その数、六十四。

IMG_3909.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓カウンターに7席だけのこじんまりしたスナック風なお店。

IMG_3910.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓壁に飾られているものはこんな感じ。人間の体とは何か・・・

IMG_3913.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここにも・・・。

IMG_3911.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓人間やブッダとの関連性は不明だが何か世俗を意味するものなのか・・・

IMG_3912.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓どんな場所であっても絆を深められる仲間たち広島県連平成27年度同期会長会。いつもはこのメンバーにあと二人が加わっている。芋焼酎の牛乳割りで乾杯。

IMG_3915.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年04月23日

判断基準について

▼人それぞれ判断基準は違うもの。好き嫌いで判断したり、得手不得手で判断したり、簡単か難しいかで判断したり、高いか安いかで判断したり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当然、何をどう判断するかは時と場合によって違うと思う。プライベートならもちろん自分の好き嫌いや自分の都合がいいように判断するだろうし、二人でいれば相手の都合や考えも考慮して判断するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼先日、読み終わったジェイ・エイブラハムの本『限界はあなたの頭の中にしかない(PHP研究所)』にこんな一文が書いてあった。

 

 

「ほとんどの人が先に道を選択してしまっている。どこへ行くかも決めずに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは判断基準を、その場その時の感情や、好きか嫌いか、ラクか厳しいか、面白いか面白くないか、やりたいかやりたくないかで決めてしまっているということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼目的地やゴールを決めずにこの道は険しいか緩いか、広いか狭いか、安全か危険か、近いか遠いかで選択しているのだ。ジェイ・エイブラハムはこの本で続けてこんなことも書いてある。

 

 

「安易な出口はたいてい元の場所の入口に通じる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼会社や組織、団体でも同じことで、年齢に関係なく立場や役職が上がれば上がるほど、部下や周りに与える影響が大きくなるので判断基準はとても重要になってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼感情的あるいは自己中心的で安易な選択・判断は多大な不利益を及ぼすし、たとえそうでなくても常にリスクを伴う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼パブリックカンパニーがプライベートカンパニーと付き合いたがらない理由は、相手企業のオーナーや社員にそういったリスクが伴い継続的且つ安定的な取引が望めないからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼役職も同じで、取引先の窓口となる担当者の役職によっては権限や価値観、判断基準にお互いギャップがあると、共通言語で話し合えないから信頼関係が築けず取引が成り立たない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼判断する時に大切なのは自分自身に以下のような問いかけをすることだと思う。

 

 

「この選択は自分の好き嫌いじゃなかいか」
「この判断は自分の都合じゃないか」
「苦手なものから逃げていないか」
「ひょっとすると自分が間違っていないか」
「そもそも、これって目的に合っているか」
「この判断をした根拠・理由は何か」
「この選択で得する人、損する人は誰か」
「本当に選択肢はこれしかないのか」
「会社の理念やポリシーにあっているか」
「楽な選択をしていないか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼結局、この当たりの判断基準がしっかり出来ていないと、小さくて重要ではない仕事は任せられるけど、大きくて重要な仕事は任せられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓毎週火曜日にパレスホテルで開催されいているロータリークラブの例会が終わったあとに寄ってみたホテルの向かいにある皇居東御苑。入り口では警察官が検閲している。

IMG_3892.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓外国人観光客がとても多かった。

IMG_3863.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓立派な門。

IMG_3864.jpg 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上から、大奥、中奥、表向とあるが、私達がよく使う「表向きは・・・」という言葉はここからきているのかも。

IMG_3872.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓同心番所。

IMG_3865.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓入り口から振り返った光景。この永代通りを真っ直ぐ歩いて約25分くらいのところにうちの事務所があり、さらにそこから約10分くらい真っ直ぐ歩いたところに社宅がある。

IMG_3890_1.jpg 

 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年04月07日

選挙について

▼今日は広島県議会議員選挙の投票日。私は昨日、福山市役所にて期日前投票を済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼政治家とは教育や経済、医療福祉、歴史、文化、地域、環境など多岐に渡って考えねばならない、とても幅が広く奥が深い職業で、志が高く、意志が強くないと出来ない仕事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今から約20年前、選挙に明け暮れていた時期があった。大勢の友達や知人に協力してもらって、カードの配布や回収、投票日には車を数台手配して投票所までのピストン送迎など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼投票日のあとは祭りのあとのような、達成感とは違う、なんとも言えない静寂感というか虚無感を感じたこともしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当時のうちの売上は、公共工事の占める割合がとても大きくて「営業力=政治力」という図式にどっぷりハマっていて、選挙結果や議員との関係性にも左右されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2004年に公共事業が大幅に削減され、案の定、うちも売上が前年度より半減して一気に債務超過に陥るという憂きめにあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼債務超過に陥るのは一瞬だが、債務超過を解消するには時間がかかるということを学んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その債務超過期間に一部の仕入先や外注先、銀行などの態度の豹変も垣間見て、ビジネスの厳しさと協力関係や信頼関係の脆さも同時に学んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それ以来、同じ領域、同じ販売先、同じカテゴリーに売上が偏らないように努力し、同じ銀行、同じ仕入先、同じ外注先に大きく依存しないように心掛けてきた。それは長く付き合って行く上で、相手に負担をかけないためでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ただ選挙は違う。誰でも彼でも広く応援するわけではなく、その人が政治家だろうが何だろうが、人間としてずっと長くお付き合い出来そうな方だけを応援する。だから応援する立候補者が当選しようが落選しようが、これまでと全く変わらないお付き合いをしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は落選したからといってサーッと引くようなことはしないし、当選したからといってスーッと近寄ったりしない。落選した後こそ、その立候補者を応援するのが本当の支援者だと思う。それが債務超過の時に私が得た学びだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、京都へ行きシバタ工業様のエスシート工業会幹事会へ出席した折に立ち寄った宮川町歌舞練場。

IMG_3749.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓残念ながら演舞中は撮影禁止。あれだけ多くの舞妓さんや芸妓さんが一堂に踊るのを見るのは圧巻。

IMG_3751.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓このあと懇親会場へ移動。

IMG_3757.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここでも舞妓さんの京おどりを拝見。

IMG_3768.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
741件中(1件〜5件を表示しています)   前   |