2019年08月19日

ドローンについて

▼現在、ドローンの利活用が求められているが、導入・運用するためには法的にも技術的にも倫理的にも越えなくてはならないハードルが数多くある。

 

・改正航空法
・運送事業法
・電波法
・刑法
・運航管理システム
・自律飛行技術
・全天候飛行に可能な性能
・パイロットの技能や意識(コンプライアンス)、体調管理(酒気も含めて)
・地権者の納得と理解
・利用者の基礎的知識・・・etc

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼うちでは屋上や屋根、外壁の修繕・改修工事を計画する際、事前に現地・現場調査が必要なので、直接目視出来ないような高い場所の撮影に利用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今後はさらにドローンや最新の機材をフル活用して、3Dスキャナー、赤外線カメラ、AIによる建造物調査の差別化と効率化を図りたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼そのためには、まず社内で基本的知識や情報の習得、業界の現状理解、使用(運転・操縦)の訓練、利用環境の整備、設備投資の検討が必要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


▼またドローンが運用しやすくなるような外部環境の整備も必要だ。これは当然うちだけでは到底無理で官・学・産・民の連携や実験・実績が求められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼そのために3月に設立された一般社団法人瀬戸内ドローン推進協議会に理事として参画させて頂いている。同協議会の役員構成は以下の通り。

 

理事長  市川敏幸(正文社印刷所社長・ドローン大学校瀬戸内キャンパス主宰)
専務理事 門井俊(門井商店社長)
理事   山田哲矢(私自身)
監事   二見義和(行政書士)
顧問   小林史明(衆議院議員)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼事業目的は、

 

1.「官・学・産・民」の連携・連絡調整
2.各業界のドローン活用技術や実績の蓄積と共有
3.技能・技術のイノベーション啓発
4.行政へドローン運用提言
5.安全飛行(コンプライアンス)啓発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼さらに同協議会は先月、福山大学と協働連携事業契約を締結、今後は学生と共に「ドローンプログラミング検定(商標登録出願中)」の開発に着手する。現在、小学生向けに「ドローンプログラミング教室」の9月開催を準備中だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当社が今後ドローンに期待したいのは、工事現場で屋上への資材の荷揚げ。これが出来れば現場敷地内にクレーンを設置するスペースが必要なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また物流用ドローンが本格的に運用されるようになると、屋上スペースが離発着場として活用され屋上のリノベーションが促進されることも期待している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ドローンはまだまだ未知の領域ではあるが、私はさらにその先にある「空飛ぶクルマ」の進捗と運用に注視したい。そして建物に求められる条件や機能も大きく変わると考えているのでそれに備えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓8月9日に開催された福山商工会議所青年部創立10周年記念大会での歴代会長表彰式の様子。私は第6代目会長として登壇(右から6番目)。

IMG-4631.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓あとの懇親会では歴代会長と女房役の運営専務が順に登壇して挨拶。向かって左は私が平成27年度福山YEG、平成30年度広島県商工会議所青年部連合会の会長時に専務として私を支えてくれた北村和章君(トータルカーサービス社長)。

IMG-4637.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓挨拶では担当年度に実施した事業を回想、それを自慢気に説明(苦笑)。

IMG-4643_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓止まらない・・・(恥)

IMG-4646.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓でもちゃんと締めくくりは当時私の無知で無謀な挑戦で迷惑をかけたメンバーのみんなに陳謝(苦笑)。 福山YEGのみんなには本当にお世話になった。心より御礼を言いたい。

IMG-4647.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年07月25日

クライシスマネジメントについて

▼先日の某社の記者会見の話題が絶えない。私は基本、テレビを見ないがSNSやネットでもこの画像や動画の投稿が多く見受けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼このことについて、どちらが良いか悪いかなどどうでもいいことだし、それをここで述べたところで何の意味も無く無駄なことで、人様に迷惑をかけていることには変わりない。ただ一点だけ言わせて頂くと、そもそも謝罪する相手は誰なのか、会見の目的は何なのかということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼双方の記者会見はどちらも詐欺被害に遭われた方々や、この度の騒動でスポンサーやテレビ関係各社など迷惑や損害を被った会社に対する謝罪が非常に薄かった。聞いてどうでもいいような内部のやりとりや、保身的な同情を買うような感傷的なことばかり目立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかし、この会見を報道しているのも視聴率を上げてなんぼのテレビ局なので、実際の会見もかなり長時間におよび、内容も面白そうな部分だけを切り貼りしてまとめているので実際の雰囲気や真意は分からないし、半分以上は報道する側の意図を反映しているものと考えた方がいいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が卒業したビジネススクールではこういった事態にどう向き合うべきかクライシスマネジメントも学んだ。クライシスマネジメントとは会社の継続や存亡を左右する危機的状況が起きた場合の対処方法のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼リスクマネジメントとクライシスマネジメントの違いは、前者は起こりうるトラブルや危機をどう予防するか、後者は起きてしまったトラブルや危機にどう対処するかということ。事前対応と事後対応の違い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼あの某社の騒動を業種業界は違うけれど、仮にうちに置き換えた場合、まず何がどうであれ、迷惑や損害、不快感を与えてしまった方々に全社一丸となって謝罪し、再発防止策を講じて二度と同じことを繰り返さないことを強く約束しなくてはならないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼説明もあの会見のように「誰がこう言った」「こう言ったらこう言われた」「悲しかった」「ファミリーだ」など内輪のことなどどうでもよくて、今後のことについて誠心誠意、正直に述べるべきだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼でも、やはりこういうことは当然起こらない方がいいに決まっている。社内のコンプライアンスやガバナンス、モラル、ポリシー、システム、コミュニケーションなどありとあらゆる面で、普段から会社としての姿勢や取り組み、行動が問われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼あとは潔さが大事かと。私の理想の仕事は「清く、正しく、カッコよく」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓皇居にある日本史上最強の武将と言われた楠木正成像。知れば知るほど憧れるカッコいい武将だ。

IMG_4478_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上の写真は楠木正成公が正面を向いている姿だが、実はこの銅像はこちらが裏側で下記の写真のように後姿が正面とのこと。

IMG_4481_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年07月17日

防水工事について

▼今ではうちもおかげさまで、建築物の補修改修工事からリノベーション、新築工事まで手掛けるようになったが、もともと防水工事業から出発した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼防水工事とは読んで字のごとく「水を防ぐ」工事。雨や雪、風から建物を守り、室内に雨漏れすることなく快適に過ごせる環境を確保すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また、それが建物の劣化や老化、損傷を防ぎ延命処置に繋がる。だから古来から建築史では「水を制するものは建物を制する」とも言われてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その防水工事を建物のどの箇所に施すかというと、屋上・屋根、ベランダ、外壁、庇、建具周り、浴室、トイレなど。稀に地下室や貯水槽がある場合は、その地下壁などにも施す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それではどうやって施すかと言えば、たくさんの工法や材料があって、主にシート防水、ウレタン防水、アスファルト防水、FRP防水、シーリング防水、樹脂注入などがある。それぞれ建物の形状や状況など適材適所を考えて工法選択する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちの場合は古くなった建物の改修工事がメインなので、どんな形状や状況にも対応しやすいウレタン防水とシート防水を多く採用している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ウレタン防水は液状の防水材を全面に塗って硬化させて一体化させるもの、シート防水は幅1.2mで長さ10〜20m巻きのシート状の防水材を全面に接着剤や溶剤を使って貼っていくものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼一般的にあまり知られていないのは、防水材料メーカー。防水業界では田島ルーフィングは有名だが、意外なのは、ゴムタイヤの東洋ゴムや横浜ゴム、ブリヂストンなども防水材料を作っているし、接着剤のコニシやセメダイン、歯磨き粉のサンスター、昔は化粧品のカネボウも防水材料を作っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちは防水材料メーカーではシバタ工業さんに創業間もないころからお世話になっている。今のうちがあるのもシバタ工業さんのおかげだと言っても過言ではない。シバタ工業さんのおかげで全国にうちの実績と行動半径が広がった。
https://www.sbt.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私もこう見えて、実は1級防水技能士の資格を持っているし、施工も出来る。もうここ何年も現場に出て施工していないが、それまで何百件もの建物の屋上やベランダ、建具周り、外壁の防水工事をしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これからうちと一緒に建物の屋上の防水工事をしてくれる仲間(職人)をまだまだ増やしていきたいと思う。そしていつか全国の屋上を制覇したい(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最近話題の屋上といえばここ。豊洲市場。屋上へ行くまでの遊歩道も立派。

IMG_4471_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓とにかく広い

IMG_4464_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この日は曇っていたが天気が良ければさぞかし気持ちいいだろう。

IMG_4467_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ただ残念なのが、当然かもしれないが飲食禁止、喫煙禁止、シート敷き禁止。ゆっくりくつろげないのが残念。

IMG_4456_R.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年06月23日

名言について

▼先日、高速道路で岩国からの帰りに立ち寄ったパーキングエリアの売店でふと目に入って衝動買いしてしまった文庫本「生きる力がわいてくる名言・座右の銘1500(永岡書店)」をこの度読み終えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は元来、意志がとても弱い人間で、常に何らかの刺激や負荷、圧力がないと長続きしないし、すぐに気が変わる、心が折れる性分なので、このような偉人や有名人の言葉を自分に言い聞かせながら、なんとかかんとか、やりくりしている(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼だから尊敬する人や、身近にいる友達や仲間の言葉でも心や頭に刺さることがあれば、忘れないようにスマホの専用ページへすぐメモしてあとから読み返すようにしている。毎朝その専用ページを振り返りながら言葉を一つ選びフェイスブックに投稿して自分に負荷をかけて一日がはじまる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P34「志の低い男は目のつけどころが低い(山本常朝)」
※何か大きな選択に迫られた時や厳しい意思決定が必要な時こそ、この言葉を思い起したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P44「なにかを極めるとき、人は無傷ではいられない(吉田秀彦)」
※怪我をするから強くなれる、怪我を恐れていると何も出来ないということだろう。また多少怪我をしたからといって止めていては、いつまでたっても極められない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P54「人生はケチな心配事ばかりしているのには短すぎる(C・キングスリー)」
※やるかやらないか、進むか退くか、そんな時に自分が何を心配しているのか、何を恐れているのかよく考えたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P78「怒っていても、泣いていても、笑っていても、変わらず一生は過ぎるものである。だったら笑っていた方が得ではないか(大津秀一)」
※時間は私達が何処で何をしていても容赦なく過ぎていく。時間は私達を待ってくれない。ならば、どんなこともどうせやるんなら笑ってやった方が上手くいきそうな気がするし、その方が幸せだと思う。ちなみにこの「大津秀一」というお方は緩和医療医師で『死ぬときに後悔すること25(致知出版社)」の著者でもあり是非一読を勧める(ラックス文庫にもあり)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P86「大切なことに気づく場所は、いつも、パソコンの前ではなく、青空の下だった(高橋歩)」
※モヤモヤっとしたり、何か思い悩んだりするときは、机の上や部屋にこもって考えずに是非、屋外や屋上に出て青空を仰ぎ大きく深呼吸して気分転換してみる。そうすれば、ふと、私達人間の理屈や理解、常識が及ばない自然や宇宙といった何か大きなものを感じる時がある。そういう感じって一人じゃないと感じ取れないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P134「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は誰も打てない。出ない杭、出ようとしない杭は居心地は良いがそのうちに腐る(堀場雅夫)」
※これは会議やミーティングでも同じことが言えてて、発言しない方が楽だし、発言に対して指摘されることもなければ、指摘することもない。ただ会議が終わった後に不平不満を言う。これも腐っているのと同じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P139「大統領や総理大臣の代わりはいるだろうが、オレの代わりはいないんだ(勝新太郎)」
※これぐらいの気概が欲しい。名優、名人とはこういう大きな揺るぎない自信を持っているのだと思う。それは決して自信過剰とか驕りではなく、誇り、プライドなのだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼P148「型をしっかり覚えた後に‘型破り’になれる(十八代目中村勘三郎)」
※今、私は居合を習っているが型を覚えるだけで十数年もかかる。茶道の世界も同じ。それを覚えないうちから新しいものや違うものを求めるのは浅はかというもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼自分の人生を変える言葉がある。いや、言葉が人生を変えてきたのかもしれない。送る側も受ける側も言葉を大切にしたいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、休日に久しぶりに浅草寺へ行ってみた。改めて初めて知ったことも多く、その中で一番はこれ『白浪五人男』。これは日本駄右衛門。盗賊五人男のボス。

IMG_4248_R_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓5人が勢揃いして、それぞれ「決まりポーズ」「渡り台詞」で登場するパターンなどは現代の「秘密戦隊ゴレンジャー」をはじめとする「戦隊もの」のモデルになったとのこと。

IMG_4245_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓浅草寺の商店通りに、この五人男達がそれぞれ違う場所に姿を現している。

IMG_4246_R.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓メンバーは首領の日本駄右衛門をはじめ南郷力丸・忠信利平・赤星重三・弁天小僧菊之助の五人。

IMG_4249_R.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓実在した人物もいるらしくストーリーも面白い。ますます歌舞伎に興味が湧いてきた。

IMG_4250_R_1.jpg 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年06月01日

社員旅行について

▼うちでは毎年春に親睦を深めるために社員旅行へ行く。行く先は毎回、親睦委員会のメンバーが決めるので私も寸前まで行き先を知らされない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この度はバスを貸し切って山口県まで行き、津和野、瑠璃光寺の五重塔、湯田温泉、秋吉台のカルスト台地、サファリパーク、秋芳洞など観光巡りをした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は生きてるうちに、いろんなところへ行ってみたい。そこでしか食べれないものがある、そこでしか呑めない酒がある、そこでしか見れないものがある、そこでしか会えない人がいる、そこでしか聞けないことがあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼また仲間と一緒に行けば、より一層楽しい。普段、会社で一緒に仕事している仲間と時間を気にせずに共に食べて、共に呑んで、共に楽しみ、共に寝る。最近では宿泊も多くが個室を希望する傾向が強いが、私は和室で仲間との雑魚寝が好きだ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼日本商工会議所青年部へ出向していた折には、宿泊先を行き先の単会が手配することがあるが、そういう場合は初めて会う複数のメンバーと同じ部屋に宿泊することがあり、その時に知り合った仲間とは今でも長く付き合える仲になっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼中国故事で「絆を深めるために美味しいものを食べる」という意味の言葉や、ことわざでも「同じ釜の飯を食う」「寝食を共にする」という言葉がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これらの言葉には美味しくものを一緒に食べて団欒のひとときを過ごしお互いをよく知るということや、仲間として仕事や生活を共にして苦楽を分かち合うという意味だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼だから私は食事会や旅行はとても大切だと思っている。必ず家族揃ってご飯を食べるという家庭はとても円満で健康的で良い子が育つと言われるではないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼最近増えてきたM&Aでも「同じ釜の飯を食う」ことが対立や反発を防ぎ、より早くお互いの理解や関係性を深められて大きく相乗効果を上げることが出来ると言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼科学的にも「同じ釜の飯を食う」効果が実証されているとのこと。それは同じ振動数や周波数、感覚を共有しお互いの脳波や感情が「同期化」するということらしい。それはスポーツや共同作業でも同じことが言えると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私の好きな言葉に「会社と思うなチームと思え、仕事と思うな試合と思え」という言葉があるがこの好きなチームで絆を深めるために今後も食事会や旅行をしっかりと続けていきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この度の社員旅行で行った秋吉台サファリパーク。まず百獣の王ライオン。

IMG_4116.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓カバではなくサイ

IMG_4093.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓バスの前を横切るシマウマ

IMG_4100.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓一度乗ってみたいラクダ

IMG_4103.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ヤギの子供達

IMG_4122.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓虎。ライオンとどちらが強いか見てみたい。

IMG_4118.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ホワイトタイガー

IMG_4123.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓熊。くまのプーさんのモデルになっている種類とのこと。

IMG_4108.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓日陰に寝そべって休んでいるカンガルーたち

IMG_4132.jpg 

 

 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
745件中(1件〜5件を表示しています)   前   |