2019年04月23日

判断基準について

▼人それぞれ判断基準は違うもの。好き嫌いで判断したり、得手不得手で判断したり、簡単か難しいかで判断したり、高いか安いかで判断したり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当然、何をどう判断するかは時と場合によって違うと思う。プライベートならもちろん自分の好き嫌いや自分の都合がいいように判断するだろうし、二人でいれば相手の都合や考えも考慮して判断するだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼先日、読み終わったジェイ・エイブラハムの本『限界はあなたの頭の中にしかない(PHP研究所)』にこんな一文が書いてあった。

 

 

「ほとんどの人が先に道を選択してしまっている。どこへ行くかも決めずに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは判断基準を、その場その時の感情や、好きか嫌いか、ラクか厳しいか、面白いか面白くないか、やりたいかやりたくないかで決めてしまっているということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼目的地やゴールを決めずにこの道は険しいか緩いか、広いか狭いか、安全か危険か、近いか遠いかで選択しているのだ。ジェイ・エイブラハムはこの本で続けてこんなことも書いてある。

 

 

「安易な出口はたいてい元の場所の入口に通じる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼会社や組織、団体でも同じことで、年齢に関係なく立場や役職が上がれば上がるほど、部下や周りに与える影響が大きくなるので判断基準はとても重要になってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼感情的あるいは自己中心的で安易な選択・判断は多大な不利益を及ぼすし、たとえそうでなくても常にリスクを伴う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼パブリックカンパニーがプライベートカンパニーと付き合いたがらない理由は、相手企業のオーナーや社員にそういったリスクが伴い継続的且つ安定的な取引が望めないからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼役職も同じで、取引先の窓口となる担当者の役職によっては権限や価値観、判断基準にお互いギャップがあると、共通言語で話し合えないから信頼関係が築けず取引が成り立たない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼判断する時に大切なのは自分自身に以下のような問いかけをすることだと思う。

 

 

「この選択は自分の好き嫌いじゃなかいか」
「この判断は自分の都合じゃないか」
「苦手なものから逃げていないか」
「ひょっとすると自分が間違っていないか」
「そもそも、これって目的に合っているか」
「この判断をした根拠・理由は何か」
「この選択で得する人、損する人は誰か」
「本当に選択肢はこれしかないのか」
「会社の理念やポリシーにあっているか」
「楽な選択をしていないか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼結局、この当たりの判断基準がしっかり出来ていないと、小さくて重要ではない仕事は任せられるけど、大きくて重要な仕事は任せられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓毎週火曜日にパレスホテルで開催されいているロータリークラブの例会が終わったあとに寄ってみたホテルの向かいにある皇居東御苑。入り口では警察官が検閲している。

IMG_3892.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓外国人観光客がとても多かった。

IMG_3863.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓立派な門。

IMG_3864.jpg 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上から、大奥、中奥、表向とあるが、私達がよく使う「表向きは・・・」という言葉はここからきているのかも。

IMG_3872.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓同心番所。

IMG_3865.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓入り口から振り返った光景。この永代通りを真っ直ぐ歩いて約25分くらいのところにうちの事務所があり、さらにそこから約10分くらい真っ直ぐ歩いたところに社宅がある。

IMG_3890_1.jpg 

 



 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年04月07日

選挙について

▼今日は広島県議会議員選挙の投票日。私は昨日、福山市役所にて期日前投票を済ませた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼政治家とは教育や経済、医療福祉、歴史、文化、地域、環境など多岐に渡って考えねばならない、とても幅が広く奥が深い職業で、志が高く、意志が強くないと出来ない仕事だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼今から約20年前、選挙に明け暮れていた時期があった。大勢の友達や知人に協力してもらって、カードの配布や回収、投票日には車を数台手配して投票所までのピストン送迎など。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼投票日のあとは祭りのあとのような、達成感とは違う、なんとも言えない静寂感というか虚無感を感じたこともしばしば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼当時のうちの売上は、公共工事の占める割合がとても大きくて「営業力=政治力」という図式にどっぷりハマっていて、選挙結果や議員との関係性にも左右されていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼2004年に公共事業が大幅に削減され、案の定、うちも売上が前年度より半減して一気に債務超過に陥るという憂きめにあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼債務超過に陥るのは一瞬だが、債務超過を解消するには時間がかかるということを学んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その債務超過期間に一部の仕入先や外注先、銀行などの態度の豹変も垣間見て、ビジネスの厳しさと協力関係や信頼関係の脆さも同時に学んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それ以来、同じ領域、同じ販売先、同じカテゴリーに売上が偏らないように努力し、同じ銀行、同じ仕入先、同じ外注先に大きく依存しないように心掛けてきた。それは長く付き合って行く上で、相手に負担をかけないためでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ただ選挙は違う。誰でも彼でも広く応援するわけではなく、その人が政治家だろうが何だろうが、人間としてずっと長くお付き合い出来そうな方だけを応援する。だから応援する立候補者が当選しようが落選しようが、これまでと全く変わらないお付き合いをしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私は落選したからといってサーッと引くようなことはしないし、当選したからといってスーッと近寄ったりしない。落選した後こそ、その立候補者を応援するのが本当の支援者だと思う。それが債務超過の時に私が得た学びだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、京都へ行きシバタ工業様のエスシート工業会幹事会へ出席した折に立ち寄った宮川町歌舞練場。

IMG_3749.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓残念ながら演舞中は撮影禁止。あれだけ多くの舞妓さんや芸妓さんが一堂に踊るのを見るのは圧巻。

IMG_3751.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓このあと懇親会場へ移動。

IMG_3757.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここでも舞妓さんの京おどりを拝見。

IMG_3768.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年03月31日

役職について

▼本日3月31日で広島県商工会議所青年部連合会(以下、広島県連)平成30年度の会長職を正式に終える。一年間、本当にたくさんの方にお世話になった。単会会長・県連副会長時代を含めると約4年間広島県連にお世話になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼しかも、この度は広島県連の創立20周年ということもあり、記念式典と県連会員大会を福山で初めて主管するという大きなミッションがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼いろいろあったが、たくさんのYEGのメンバーに助けられて何とか成功裏に終えることが出来た。本当に感謝感謝の一語に尽きる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この広島県連会長という立場は広島県連の中で最高位で最も大きな権限を持つ者ということではなくて、あくまでファシリテーター役というかプレゼンターみたいな役割だと思う。実際、県連会長は決議権も持っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼この役目を務めるにあたり、改めてリーダーシップとは何か、イニシアティブとは何かを学ぶ機会を得たような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼組織や会社も同じだが、役職にはそれぞれ違う役割や責任、権限、条件などがあると思うし、公の組織であればなおさら公平で明確なものでないといけないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それでは会社はどうだろうか。うちには役職といえば社長以下、係長、課長、部長のほかに、リーダーや委員長などがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼昨年から社内で私を「社長」と呼ぶことを禁止して「さん付け」で呼んでもらっているのは、みんなとの距離感を少しでも縮めたいからだ。うちで他の役職をつけて名前を呼ぶ社員もおそらくいないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちで役職をつける目的は社内向けと社外向けの二つの側面があると思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼社内では意思伝達・意思決定の順序と権限を明確にしてムリムダムラを失くして効果効率を最大化させること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼社外では顧客や取引先に、うちの社員の能力や立場を明示して、案件や事業の規模や重要度に対する適性を判断・理解してもらうことだ。よく名札に初心者マークや「研修中」と表示するのと同じようなものだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼私が広島県連会長を務めたからといって、県連会長としての適性や資質があるかといえばそうじゃないのと同じで、その人が役職に相応しいかどうかはやってみないと分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「役が人を作る」という言葉があるが、役職もまさしくその通りだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼つまり、うちでは勤続年数や年齢だけではなく、経験や能力、人柄を鑑みて総合的に社内での効率や対外的な効果を考えて、その人に相応しい役職をつけるべきだと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その役職に求められる経験や能力、人柄などを具体的に分かりやすくしているのが、この度から運用する人事評価システムだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼うちのみんなには、そのシステムを活用して、役職の意味や目的、求められるもの、役割、責任、権限、意識、言動などを理解してくれたらいいと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓六本木ヒルズから見た東京タワー。手前では第二の六本木ヒルズ構想があるとか。

IMG_3691.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓テレビ朝日の屋上を見下ろす。

IMG_3695.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓都会の屋上はまだまだ開発する余地がある。

IMG_3692.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年03月24日

学びについて

▼最近フェイスブックで、私が昨年卒業したグロービス経営大学院の友達たちの「最後のクラスを終了した」という投稿を多く見かける。また早くも福岡校の入学式が執り行われているとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼それはとても喜ばしく、自分自身のことのように嬉しく思うし、私が入学、卒業したときのことが昨日のことのように思い出される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼株式会社心石工芸の心石社長に薦められて、2015年に入学したグロービス経営大学院。3年間、東京校に通って昨年3月に卒業してから早一年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼学んだことを充分活かせているかと言えば甚だ疑問だが、私の人生の中でとても大きなインパクトだったことは間違いないし、会社にとっても大きな転換へと導いてくれたと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼学ぶということはそれだけ貴いこと。学びが人生の真北を示し続けてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼世界3大投資家の一人ジム・ロジャーズも著書『お金の流れで読む日本と世界の未来(PHP新書)』にこんなことを書いてある。

 

「教育は重要だ。いい教育を受けても成功するとは限らないが、教育は間違いなく、将来役立つ多くのスキルや選択肢を与えてくれる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼学んだことを実践、行動して活かせないと全く意味はないが、ジム・ロジャーズの言葉の通り、学びは多くの選択肢や引き出しを持つことが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼仕事中に問題が発生したり、想定外の出来事に見舞われたり、重大な決断に迫られたりしたときに、これまでどれだけ学んできたか、普段どれだけ学んでいるかで大きな差がつくし、結果を左右される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼学校に通っているうちは学びは点数で評価されるが、社会に出ると学びは結果として現実に表れて報酬として評価される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼人間、生きているうちは、少なくとも他人様と関わっているうちは、学ばなくてもよくなることは無い。常に時代や周りの環境は変わっているのだから、たとえ学校を卒業したあとでも学ばなくてはならないことはたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼つまり「生き残る会社」とは「学び続ける会社」だろうし、「成長する人」とは「学び続ける人」だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼学ばなくなったとたんに、羅針盤は劣化して精度を失い真北を示さなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓「羅針盤」で検索するといろんな画像が出てきた。欲しくなった(苦笑)。

7912a39cfe50189ab44acd05b59d517c_t.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓昔の人はこの磁石を頼りに命を掛けて航海していたのだ。

70b58e1c6e89e9a64c173b6a8fe27050.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2019年03月18日

投資について

▼私は恥ずかしながら株をしたことがない。宝くじもロト6も馬券も買ったことがなければ、パチンコも麻雀もしない。基本的に「賭ける」のが苦手。だから私はどちらかと言うと死ぬまで汗水流して働くタイプ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼かといって投資することがイヤということではなく、自分の知識や力、意向が全く及ばないものにお金を使うことには強い抵抗を感じるだけ。だから不動産やM&Aにはとても興味がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼とは言っても経済や企業は投資家に左右されるわけだから、投資について多少なりとも予備知識は頭に入れておきたいと思って読んだ本がこれ。

 

『お金の流れで読む日本と世界の未来〜世界的投資家は予見する〜(ジム・ロジャース著/PHP新書)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼世界的にも有名な投資家でウォーレン・バフェットと肩を並べるジム・ロジャースが書いただけあって言葉の一語一句に含蓄があり、これまで私が持っていた「投資家」のイメージを大きく変える内容で、とても読みやすく一気に読了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼またジム・ロジャースが未来の日本を予測して警告する言葉には驚愕する点も多くあった。たとえば「日本が50年後か100年後には消えてしまうのは心から残念でならない(P44)」という言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その根拠は「人口が減少し、さらに移民を受け入れない国に将来大きな問題が起きるのは、歴史も物語っている明白な事実だ(P46)」とのこと。そして日本は2050年には犯罪大国になるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「日本に投資するなら、観光、農業、教育(P64)」だと書いており、ツーリズム、農業分野、教育ビジネスには今後まだまだ活路がありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼ビジネスにおいては価格競争を批難しており「低価格にして長続きした会社は歴史的に見て存在しない(P76)」と喝破している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼投資についてはこう語っている。「人のアドバイスには耳を傾けるな(中略)私は常に一匹狼でやってきた。これからも、ずっと一人でやっていくだろう。投資業界の人間とは、実はそんなに話をしない。これまでの経験上、他人の言うことに耳を傾けるとたいていは損をする(P186)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼これは著者が英米の超名門大学で学問を修めるほど超優秀な頭脳を持っているからこそ出来ることに間違いはないが、確かに同業界の人といくら深く交わっても大きな気付きや変化は得られないという点は私も同意だ。他にもこんなことが書かれてあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「一つだけ成功する方法のようなものを挙げるとしたら誰も目をつけてないものをすぐさま買えといいたい(P197)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼「自分がよく知っている業界や国に投資するのが一番だろう。熟知している分野がない場合、投資はしない方がいい(P201)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼著者は最後にこれから絶対に必要になる二つのスキルについて述べている。一つ目は「今後、日本では海外の市場に頼らなければビジネスが成り立たなくなる。そのためとりわけ日本人にとって外国語のマスターは必須事項と言ってもいい(P209)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼二つ目は「自国以外の国にしばらく住むことも勧めたい。本を読むより、学校に行くより、外国に暮らすことの方が学ぶことは多いものだ(P210)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼一つ目をクリアしないと二つ目に進めない。是非、頑張りたい(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昨日3月16日に開催された「カッコいい会議」の様子

IMG_3638.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓「カッコいい会議」「カッコいい研修会」が終わった後は屋上でスキメシ会。

IMG_3640.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ スキメシ会とは好きな仲間と好きな場所で好きなものを食べる会という意味。うちの場合はみんなで屋上で美味しいものを食べるということ。

IMG_3639.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓うちの屋上にあるジャグジー。私が入ろうと思ってお湯を張っていたのを工事部の3人が先に入り、結局私は入らず(笑)。この時期はとても気持ちがいいのだ。

IMG_3651.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
738件中(1件〜5件を表示しています)   前   |