2022年05月31日

雨漏れについて

1)これから梅雨の時期が近づき、雨の日が増えてくる。雨の日はジメジメするし、服は濡れるし、傘を持ち歩かないといけないし、どこへ行くにしても、面倒臭いことばかりで気が滅入る。












2)でも生活する上で貴重な水や、植物や農作物など自然の恵みを与えてくれるのも雨。人が生きていくには絶対欠かせないのが雨だ。しかし、時には雨も恵みだけではなく台風や集中豪雨など人の命を脅かすこともある。











3)雨漏れも人の快適で衛生的な生活を不快なものにする。これから梅雨が近づき、雨漏れでお困りのお客様からの相談が増えてくる時期だ。我々のような防水業者にとってはこれから繁忙期に入っていく。










4)雨漏れの原因もさまざまで、建物の構造や仕上げの種類によって違う。屋根が瓦なのか、金属なのか、陸屋根なのか、陸屋根でも防水層の種類によって大きく違う。











5)雨が漏れている個所は容易に分かるが、雨がどこから入っているかを特定するのは容易ではない。これまでの経験や勘に頼ることも多いが、最近では技術の発達でいろんな診断機器がある。











6)瓦だとほぼほぼ棟か谷から漏れているケースが多く、金属屋根なら金属の重ね部分か開口部や水切り周り、防水層であれば防水層の接合部か立上り部からの漏水が多い。










7)雨がどこから入ってきているか特定出来ても、その時に防水施工できることは稀で、取り急ぎ雨漏れの量を減らす応急処置をして、後日、雨が止んで漏水個所を乾かしてから防水施工するのがセオリーだ。










8)防水施工もいろんな工法、いろんな材料があるので、漏水個所や建物の構造に合った適切な選択をしなくてはならない。この選択を間違えると全く効果がないどころか、余計に手間がかかってしまうこともある。











9)よくあるのは、なんでもかんでもシール材(コーキング)で処理しがちだが、私はこのシール材の施工が各種ある防水施工の中で一番難しいと思っている。材料の選択だけでなく、養生の仕方や打設深さ、仕上げなど、簡単なようで難しいのがシール材だ。











10)シール材は一旦打設すると、撤去したり打ち替えたり補修したりするのが困難なので、一発で美しく仕上げる技能が必要だ。だからなんでもかんでも安易に自分でコーキングするのではなく、職人さんに頼んだ方が絶対いい。


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2022年05月22日

顧客サービスについて

1)普段、仕事をしていて常に頭に置いておかないといけない指標は、お客様がどれだけ当社の仕事やサービスに満足、納得して頂けたかを示す「顧客満足度」だ。











2)職業柄、ついつい、これまでの経験や技能、技術、勘、肌感覚に固執していまい、お客様の意図や要望、この度の依頼目的などへの注意が希薄になってしまいがち。













3)屋上の防水改修工事であれば、ただ「雨漏れを直したい」だけではなく、「建物の寿命を延ばしたい」とか「衛生環境を改善したい」とか「屋上を有効活用したい」というのもある。














4)外壁の改修工事もただ「外観を綺麗にしたい」だけではなく、「建物の劣化を防ぎたい」とか「外壁の剥落による災害防止」、デザインを変えて「会社のブランディング」や「人材の採用強化」「社員のエンゲージメント向上」などがある。













5)だから、その意図や目的を満たすことを優先して、工法や材料、工期、品質などを注意深く検討して提案しなくてはならないと思う。













6)あくまで工法や材料はそのための手段であり、お客様はその手段でなければならないというケースは非常に少ない。しかし、我々技術職、技能職はその工法や材料にこだわりがちだ。














7)屋上防水であれば工法が「塩ビシート防水機械固定工法」だろうが「ウレタン塗膜防水通気緩衝工法」だろうが、それが意図や目的を満たすのであればどちらでもいいはずだ。














8)よくありがちなのは、私達の得意な工法や都合がいい材料を薦めておいて、その施工を円滑に進めるための条件をお客様に提示してしまう。














9)このあたりを営業担当者ははじめにお客様からしっかり汲み取って理解した上で、工事担当者や現場管理者へ伝えて落とし込んでおかなければならない。













10)顧客サービスとはお客様の困り事や課題を解消して、目的を果たし、満足して頂けるように動く(行動する)ことであり、工法や材料は複数ある要件の中の一つに過ぎないことを忘れないようにしたい。

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2022年04月02日

怒らないことについて

今日、これまで読んだ本の中で心に留めておきたい言葉を書き綴ったノートを、引っ張り出して読み返してみたら、改めて気付くことがあったのでここに紹介したいと思う。













それは2011年2月13日に読み終えた本で『怒らない技術(嶋津良智/フォレスト出版)』という本。ついこの前に読んだ気がするが、もうあれから11年経っている。
以下※印は私の所感。













P28:命と時間を大切にする人の人生は成功する。ところが命と時間を浪費する行為があるのです。それが「怒り」という行為です
※私は生来、短気・単純・単細胞なので、これまで命と時間をかなり多く浪費してきたと思う。これだけは今から取り戻せない。














P59:怒るか怒らないかを決めるのはあなた自身です。目の前の出来事には何の意味もありません。その出来事に対して意味をつけているのは自分自身だからです。
※まったくその通りだと思う。怒るか怒らないかだけではなく、悲しむか悲しまないか、笑うか笑わないかを決めるのも自分自身だ。














P76:情報に一喜一憂するのはやめたほうがいい。なぜなら自分で見聞きした事実でない限り、人から伝え聞いた情報は間違いかもしれない。単なる噂を真に受けて怒ったりイライラするなんて本当に時間の無駄です。
※同じ出来事でも、見た人によって受け取り方も違うし、伝え方や言い方も大きく違うので、一人から聞いただけではなく、複数の人から聞いた方が感情的に左右されずに済む。














P90:「晴れたら喜ぼう。雨が降っても喜ぼう。何があっても喜ぼう。それが繁栄に繋がる」
※これは金言だ。常に心掛けたい。













P135:とにかく完璧を目指さないことにします。自分で自分に完璧を目指すと自分もつらくなるし、相手に完璧を求めると、出来ない相手に対してイライラする元になります。
※ついつい、自分が思ったことや決めたこと、言ったことは完璧を求めてしまう。しかし、そもそも完璧の基準や尺度も曖昧で、ぞれは自分の気分や感覚に過ぎないことを肝に銘じたい。














P172:意に添わないことが起きたとします。そんなときの対処法として私がよく使うのが「これはちょうどいいや」と口に出してみることです。これは事実をポジティブに捉え直す魔法の言葉です。
※11年前にこの本を読んでこの言葉を知ったはずなのに全く使っていない。これから積極的にこの言葉を使いたい。














P175:出会いとは奇跡です。皆さんは約63億人いると言われている全世界の人と一人一秒ずつ会ったとして全員と会うまでに何年かかるか知っていますか?実は約200年もかかります。日本人だけに限っても約4年かかります。一人一秒のコミュニケーションなどはありえないわけですから、毎日いろいろな人との何気ない出会いすべてが実は奇跡に近いものがあります。
※いろんな会合やセミナー、イベントに参加して、初めて出会う人たちはすべて奇跡ということ。ましてや名刺交換できる人たちは奇跡の中の奇跡。これからはこの気持ちを忘れずに参加したい。














私は基本、一度読んだ本を読み返すことが少ないので、心に響いた言葉はノートに書き留めておくようにしているが、そのノートでさえ読み返すことがなかった。














これからはノートに書き留めた言葉を読み返して、自戒・内省も含めて改めてこのブログに紹介していきたい。

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2022年02月20日

経営の思いがけないコツについて

先月「一倉定の社長学シリーズ全10巻(日本経営合理化協会)」をやっと読み終えた。1冊が約500から600ページあるボリュームで、2021年1月に購入して10巻を読み終えるのに一年かかった。
https://www.amazon.co.jp/dp/4891013931/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1p13NParams&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUEyU0dXU0k4UlpXUTdUJmVuY3J5cHRlZElkPUEwOTUwMjAzMjY3QzVLQVdJT1hGUSZlbmNyeXB0ZWRBZElkPUExWjlBWVgyVEMwQzFWJndpZGdldE5hbWU9c3BfZGV0YWlsJmFjdGlvbj1jbGlja1JlZGlyZWN0JmRvTm90TG9nQ2xpY2s9dHJ1ZQ==













他の本なども並行して読んでいたので、読み終えるのにかなり時間がかかったものの、読み応えは充分あり、間違いなく座右の書に入る本。













「一倉定の社長学百講(CD全8巻約6時間)」も合わせて拝聴したが、一倉定翁の生の声も迫力があって聴き応えもあった。書いてあることと話していることに全く相違、矛盾はなかった。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4891012331/ref=ppx_yo_dt_b_search_asin_title?ie=UTF8&psc=1













最後に読み終えた第10巻「経営の思いがけないコツ」は、世の社長に対する歯に衣着せぬ苦言や指摘は痛快で、身が引き締まる思いがする。














そんな私がノートに書き留めた言葉を以下に紹介したい。※印は私の勝手な所感。














『社長の真の定位置は社長室ではなくお客様のところである』
※一倉定翁は会社に閉じ籠もる社長のことを終始「穴熊社長」と呼んでいた。私もこの言葉に感化されて出来る限り外回り、挨拶回り、現場回りを心掛けている。














『企業の経済的成果はお客様から、そしてお客様だけから得られるのである』
※CDでもこのことを強く仰っており、事業とは市場活動であり、経営は決して内向きであってはならないとも。内向きは管理であって経営ではないということ。














『責任の範囲を明確にすることは会社をつぶす危険思想だ』
※この言葉を我社は真摯に受け止めて制度設計や管理体制を再構築するべきだと思う。担当者や担当部署の責任範囲を細かく決め過ぎると無責任や責任転嫁を生み出してしまう。













『社長が社内にいるのは一週間のうち一日以内にすべきである。そして市場にいる時間の大部分をお客様訪問でなければならない』
※間違いなく会社を生かすも殺すもお客様次第。そのことを忘れてお客様との約束を反故したりすることは命取りになる。














『企業の経営とは社内に集まった人々の活動を管理することではなくて、お客様の要求を見つけ出し、これを満たしていくことである』
※うちは3種類のISOを取得しているが、基本、国際規格が求めている要求事項の主軸も「顧客満足」である。そのための管理(マネジメントシステム)でなければならないと思う。














『環境整備とは規律、清潔、整頓、安全、衛生の五つの活動を行うこと』
※私はこの環境整備はとても重視しているつもり。この環境整備の如何によって集まる人材、残る人材は大きく変わる。人材に合わせた環境整備は骨抜きの理念なき組織形成を招く。














『‘管理’の対象は企業の内部であり、‘経営’の対象は市場つまり企業の外部である』
※大学院で学んだことも同じ。3Cというフレームワークがあって市場には「顧客(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」しかいないということ。ここに向いてないとダメ。














『社長の役割は事業の経営である。当然のこととして社長の関心と行動は市場にあるのだ』
※本当に耳が痛い言葉。確かにコンプライアンスやガバナンス、マネジメントも大切だが、市場を無視した施策は無策に等しい。













一倉定翁のCDや本は、普段指摘や叱咤されない社長族にとっては、絶対に必要だと思う。少なくとも私のような出来の悪い、ボンクラ社長、うつけ社長には不可欠だ。

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2022年02月12日

人生で一番大切なのは思い出つくりについて

今回、読み終えたのはタイトルも中身もインパクトが大きい『DIE WITH ZERO-ゼロで死ね-(ビル・パーキンズ著ダイヤモンド社)』という本。基本、貯蓄した財産はすべて使い切って死ねという内容。













この本も本棚にしまわずに机の上に置いておきたい本だ。本の中で私がノートに書き写した部分を下記に紹介したい。※印はあくまで私の所感。それぞれ読み手によって感じ方は違うので是非ご一読を。













P18:限られた時間の中で最大限に命を燃やす方法を考えなければならない。
※この本の中に自分の寿命をカウントダウンするアプリが紹介されており私も類似品をダウンロードして毎朝自分の人生の残り時間を秒単位で確認している。
https://apps.apple.com/jp/app/%E5%AF%BF%E5%91%BD%E6%99%82%E8%A8%88-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%BD%99%E5%91%BD%E3%82%92%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3/id878704370














P44:人生で一番大切な仕事は「思い出つくり」
※この言葉は仕事好きな私に対して、大きな後悔と課題を与えてくれた。これまで仕事に費やした時間は家族や自分の時間を遥かに凌駕するし、それを苦とも思っていなかったが、果たしてどれだけ思い出を作ってこれただろうか。私はこれから親愛なる社員に対して向き合い方を変えねばならない。














P58:金を得るのは人生を豊かにするためであることを忘れて、ただ稼ぐことばかり考えている人がいる。多くの人は何のために稼ぎ、金を貯め、投資するのかを忘れているように見える。
※長年、経営をしていると売上高や粗利益、経常利益、バランスシートなど、すべての行動や結果をお金に換算して考えてしまう。本来、稼ぎは社員や家族を幸せにするという目的を果たすためだ。














P70:莫大な時間を費やして働いても、稼いだ金をすべて使わずに死んでしまえば人生の貴重な時間を無駄に働いて過ごしたことになる。
※私には、まだまだ大した財産も稼いだ金も無いが、限られた人生の中で金を稼ぐために使った希少な時間は取り戻せない。稼ぐのがいけないのではなく稼ぐだけではいけないということ。














P126:親が財産を分け与えるのは子供が26〜35歳のときが最善
※私の3人の子供は26歳、25歳、23歳。分け与えるものは大して無いけれど、もうそろそろ検討しておいた方がよさそう。それがこれまで私が家族との時間を犠牲にしてきた償いでもある。














P153:今しかできない経験(価値のあるものだけ)への支出と将来のための貯蓄の適切なバランスを取ること。
※私の身近にいる大勢の経営者の中で、リスペクトしている方はこれが出来ているような気がする。四六時中一緒にいるわけでないが、間違いなく出来ているように見える。だから魅力的に見えるのかも。














P164:端的に言えば、まだ健康で体力があるうちに金を使ったほうがいい。金から価値を引き出す能力は年齢とともに低下していく。
※間違いない。特に50歳を過ぎると体力的にも機能的にも何かと減っていくものが多いし、明らかにパフォーマンスは下がっている。














P188:物事は永遠に続かず、いつかは色褪せ、消え去っていく。それを理解することで人は目の前のあるものにもっと感謝できるようになる。
※まさしく諸行無常とはこのこと。私は身近なことや人にもっと目を向けるべきだと反省した。














P220:老後にどれくらいの資産を最低限用意すればいいのか。私は「毎年の生活費☓残りの年数」の70%ほどをすすめている。
※なるほど。「残りの年数」の計算方法は単純に日本男性の平均寿命から現在の年齢を引いた数。私の残り時間は27年と303日。でもあと27年も生きたいとは思っていない。10年でも充分。














P243:デメリットが極めて小さく(あるいは失うものが何もなく)、メリットが極めて大きい場合、大胆な行動を取らない方がリスクとなる。
※年を重ねるにつれて、だんだんと大胆な行動を取らなくなってしまう。ある意味、それがリスクとなっているということ。これだけ進化の早い時代は特にそうだろう。














P258:最後に大胆に行動するための3つのポイントだけ伝えておこう。

一つ目はあなたがどれくらいリスクを取ろうがどんな大胆な行動に出ようが一般的にそれは人生の早い段階が良いということだ。

二つ目は行動を取らないことへのリスクを過小評価すべきでない。

三つ目は「リスクの大きさ」と「不安」を区別すべきだということだ。














私がノートに書き写した言葉はまだまだ多くあるがこのあたりでやめておく。ちなみにこの本のサブタイトルは「人生が豊かになりすぎる究極のルール」で、この本の言葉は間違いなく私の意思決定や行動に影響を与えるものだと思っている。

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
799件中(1件〜5件を表示しています)   前   |