2020年09月14日

リーダーシップの旅について

当社では、ここ数日年に一回のISOのサーベイランス(調査・審査)を受けており、今日は私が経営者として審査を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査員からまずはじめに、最近の経営状況や業界動向、業績、課題・問題などについて質問を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちは、お客様や協力して頂いているパートナー企業の皆様のおかげで、ここ数年ずっと業績が右肩上がりで、本当に感謝、感謝の一言に尽きる。いくら感謝しても感謝しきれない旨を伝えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、その反動もあり、業績が上がれば上がるほど、規模が膨らめば膨らむほど、当然ながら求められる品質やスピードなど要求事項もより高く、より厳しくなってきており、うちはそれに付いていけてない事も正直に申し上げた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず一番の課題は幹部や役職者のリーダーシップだと私は思っている。リーダーがいかにメンバーのコンセンサスを取りながら、より高いハードルへとリードしていくか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーシップとは何なのかを、幹部にどう分かり易く伝えればいいのかと考えながら読んだ本がこれ。

 

『リーダーシップの旅(見えないものを見る)野田智義・金井壽宏/光文社新書』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでリーダーシップに関する本は何十冊と読んできたが、同書はリーダーシップを研究し尽くした著者が、今までにない切り口で、とても分かりやすくまとめて書かれてあった。以下、私がノートに書き写した箇所をご紹介する(※印は私の勝手な所感)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P21:リーダーシップは「見えないもの」を見る旅だ
※まさしくその通り。読み始めてすぐこの言葉に出くわして、この本は今までのと毛色が違うと一瞬にして思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P39:リーダーになろうと思ってリーダーになった人はいない。リーダーは自らの行動の中で結果としてリーダーになる。
※役職がついたからといってそれだけでリーダーになれるものじゃない。リーダーとして認められてリーダーになるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P57:時にはリスクを冒してまで行動しようとする人の背中に、フォロワーはエネルギーを感じ自発的についていこうと思う。
※付いてくる者が一人もいなければリーダーでもなんでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P93:リーダーは「見えないもの」を見て、あるいは見ようとして新しい世界をつくり出すのに対して、マネジャーは「見えるもの」を分析してそれらに受動的もしくは能動的に対応しながら問題を解決していく。
※誰にでも見えたり分かったりすることならリーダーの意思決定は要らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P156:後ろのドアを閉じられないから、前のドアを開けられない。蓄積した信用をあえて捨てるという行為は、後ろのドアを閉めることだ。
※後ろのドアを閉めるのに大きな勇気と覚悟はいるが、閉めなければ前に進めないことも地方にはたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P182:リーダーに求められる資質をあえて要素分解するならば「構想力」「実現力」「意志力」「基軸力」の4つの力だと私は考える。
※この4つの力も持とうと思って持てるものではない。置かれた環境で1つずつ身につけていき、ある段階で結果的に4つの力を併せ持つようになるのだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも書き写したところがあるがここまでにしておく。興味ある人はぜひご一読を。

素晴らしい新しいリーダーが輩出されることを願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先月見学に行った石見銀山遺跡

IMG_7315_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓当時はロウソクだけでこの穴に入って作業していたのだ。

IMG_7323_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この中で大勢の人が亡くなっているという。

IMG_7317_6.jpg

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年08月10日

人材の登用について

この三連休で三冊の本を読み終えた。そのうちの一冊が中国の兵法書「六韜」と「三略」について書かれた「六韜・三略の兵法(守屋洋/著・プレジデント社)」という本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国で兵法書の中では『孫子』に次いで有名な兵法書だが、日本では解説書や翻訳書が圧倒的に少なく知名度も低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本書を読んでみて、リーダーシップや経営に通じる部分が多く、かつて日本の武将や政治家も参考にした理由が分かる。これが約2300年以上前に書かれたのかと思うと興味深い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「六韜」は六巻六十編から成っており、その中の『上賢』という編で人材の登用について書かれてあって、現代も同じだなと感心させられたのでここに書き留めておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでは時の皇帝である文王に対して軍師の太公望が“六つの賊”と“七つの害”と言われる人材の登用を戒めている。以下が“六つの賊”。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一に、臣下の身でありながら立派な御殿や庭園を作り、遊びにうつつを抜かしいてる者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二に、人民の中で農事を怠って遊侠気どりで遊びまわり、役人の指示に従わないで、平気で法令を犯す者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三に、臣下で党派をつくって賢者の登用を妨げ、君主の明知を塞ぐ者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第四に、士の中で、自説を主張して気炎をあげ、諸侯と交際して自国の君主を軽んずる者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第五に、臣下でありながら爵位を軽んじて、上司を馬鹿にし、主君のためにあえて危険を冒そうとしない者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第六に、勢力家で、弱者を痛めつけ収奪している者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が“六つの賊”、以下が“七つの害”で、すべて著者の訳文をそのまま記す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第一に、知略もなき権謀もないのに高い地位を与えられ、勇気にはやて無謀な戦いをしかけ、万一の僥倖を期待する者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二に、評判が高い割りに実力が無く、その時どきで言うことがくいちがい、人の悪口ばかり口にし、進退に抜け目がない者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三に、ことさら質素をよそおって粗末な衣服を身につけ、無為無欲を口にしながら実際は名声や利益を欲しがる食わせ者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第四に、冠帯や衣服を飾りたて、学識をひけらかし空論を闘わせて外面を飾り、独り閑居して時流を批判する腹黒い者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第五に、口先がうまく、たくみに取り入って官職を求め、俸録のためなら、血気の勇にはやって命まで投げ出すこともいとわない。しかし、国家の大事には無関心で、ただ利益を求めて行動す、空虚な意見を偉そうに説きたてる者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第六に、器物や建物に彫刻を施し、金銀をちりばめ、きらびやかに装飾を事として農事を怠る者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第七に、怪しげな方術やまじない、邪教、不吉な予言によって良民を惑わす者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が“七つの害”。“六つの賊”や“七つの害”も現代に相応しくない表現や言葉があるものの、今の自分の立場に置き換えると刺さるものがある。自戒も含めて気に留めておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先月、現場視察に行った石垣島の店舗の屋上。

RIMG_7123.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓職場にこんな屋上があれば嬉しい。

RIMG_7125.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ここから眺める景色も素晴らしい

RIMG_7114.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓反対側もこんな感じ

RIMG_7119.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓しっかり打合せだけはして、名残惜しくもこの現場を離れた。

RIMG_7127.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年07月29日

名札について

うちでは名札の着用を義務付けている。当たり前だけど基本、仕事中は名札を付けろということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから朝礼時には体温や服装のチェックと同時に名札着用の有無も点検している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーツの上着にはバッチの着用も義務付けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもうちでは名札をつけるようになったワケがある。それは今から19年前に大阪で白昼に起きた附属池田小学校の無差別殺傷事件。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件で全く関係のない部外者の侵入により、児童8名の幼い尊い命が奪われ、他に児童13名・教諭2名が傷害を負った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この事件後、全国の学校では生徒の保護者も含めて、全訪問者に厳重なチェックをするようになり、不審者や部外者の出入りをシャットアウトした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時に、部外者と関係者を識別するために校内(敷地内)では名札の着用が求められ、もちろん我々のような工事関係者にも写真入りの名札着用が義務付けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがうちが名札着用を徹底するきっかけになった経緯である。このことをうちの社員に、もう少し説明しておく必要があると思ってここに記す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は写真と氏名、会社名、連絡先などが明記されたカードをホルダーに入れて胸に付けていたが、作業中に落としたり汚したりするので数年を経て現在のシンプルな名札になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たかが名札、されど名札」だと思う。仕事中は自分の名を示すことが相手の安心や信頼に繋がるし、自身も責任感と自信が湧くだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対に名も名乗らず、正体もはっきりしないような人と組んで安心して良い仕事が出来るはずがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ましてや私みたいに、人の顔と名前を覚えるのが苦手な人間は、相手が名札をつけてないと仕事中ずっと相手の名前を呼べない(苦笑)。それではうまくコミュニケーションが取れない(顔と名前を覚えろと言われればそれまでだが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSでも同じことが言える。Facebookはほぼ実名を公表して投稿しているが、Twitterはほとんどが匿名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのせいか全てとは言わないが、Twitterでは「アホ」だの「バカ」だの「死ね」だの、無責任で不毛で無能で卑怯で劣悪で無駄な投稿が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからFacebookで知り合った方とビジネスで繋がることはあっても、Twitterで繋がることはまずないし、あってもリスクがあり過ぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し話が反れたが、名刺交換のように初めて出会ったときに、自分の立場や名前を明かすことはビジネスでは必須だし、仕事中に職場や現場で名札を着用することは、有効なコミュニケーションや信頼に繋がるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓うちの名札

IMG-7217_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓うちのバッチ

2020072910264335025.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓おまけ。うちのヘルメット。うしろに社名・名前・血液型を記している。

IMG-7218.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年07月11日

ベテランとプロの違いについて

この度、ファーストリテイリングの柳井会長に「これが私の最高の教科書だ」と言わしめた本『プロフェッショナルマネジャー 58四半期連続増益の男(ハロルド・ジェニーン著/プレジデント社)』を読んでみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク証券取引所のボーイから図書の訪問販売などを経て、ITT社(アメリカのNTTみたいな会社)CEOへ上り詰めた著者だけあって、歯に衣着せぬ論調には含蓄があり、ドライであまり笑顔を見せず常に厳しそうな柳井会長と印象が被るところがあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み終えてみて、共感できる点も多かったが、果たして私に出来るだろうかと思うほど厳しいところも多かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総評としてこの本を読み終えて気付かされたのは「ベテランとプロは違う」ということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりベテランとはその分野で多くの経験を積み重ねた人、プロとはその分野で知識と理論、技能・技術を持っている人で、前者は年齢に相関するが、後者は年齢に関係なく資質と努力に相関する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベテランだからといって、すべていい仕事が出来るわけではないし、相手の理解や納得が得られるわけでもない。なぜならばニーズよりも自分の経験を優先しゴールは相手の納得よりも自分の納得だからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対にプロはニーズに応えるために理論的に考え、知識や技能・技術を駆使して相手の納得や共感・感動を得る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえるならば、アマチュア野球のベテラン選手とプロ野球の若手選手といったところか。以下に著書の一部を紹介したい(※印は私の勝手な所感)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P34:なんのかんのといっても、結局、会社とその最高経営者と経営チームは、業績(Performance)というただひとつの基準によって評価される。
※業績を問われないアマチュア野球と、成績と業績の両方を問われるプロ野球の違いに似ている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P54:「諸君がビジネスで成功したかったら、みずから選んだにせよ、めぐり合わせで身を置くようになったにせよ、自分が属する場所で上位20%のグループに入ることが必要だ」
※この中の「ビジネスで成功したかったら」という言葉を「プロになりたかったら」という言葉に置き換えることが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P124:彼はなんら高等な理論や方式を用いることなしに、自分の基準を定めているのだった。その基準を満たさないと眠ることもできなかった。
※相手の基準や求められていることではなく、自分の基準に固執する点はベテランに多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に著者は下記の言葉でこの本書を締めくくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P308:実績は実在であり、実績のみが実在である。これがビジネスの不易の大原則だと私は思う。実績のみが君の自信、能力、そして勇気の最良の尺度だ。実績のみが、君自信として成長する自由を君に与えてくれる。
※この中の「ビジネス」という言葉を「プロ」に置き換えても意味は通じるが、「ベテラン」に置き換えると違和感を感じるのは私だけだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちが目指すべき集団はベテラン集団ではなくてプロフェッショナル集団であるべきだと思う。年齢や経験、肩書、立場ではなく、感動や納得、実績、努力、適正を重視する集団である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓7月2日から1泊で那覇と石垣島へ現場視察に行ってきた。遊びに行ってきたを思われないようにここに証拠写真を掲載する(笑)。

IMG_7058.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓この度の視察目的である「ハリケーン・ファブリック・スクリーン」。

 大型台風の風圧や飛来物から建物を守る。ここは琉球銀行。

IMG_7060.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 海辺のレストランにも

IMG_7027.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓住宅にも効果を発揮している。

IMG_7074.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今後、シバタ工業さんと共にこの商品を全国展開していく。

IMG_7079.jpg

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年07月01日

上半期について

あっという間に上半期が終わった。怒涛の上半期だったような気がする。今日から下半期がスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上半期を振り返ってみると、やはり一番インパクトが大きかったのは、今でも続いているコロナショック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで想像もつかなかったことばかりで、今後も強く記憶に残ると思うし、これからも大きなインパクトがあることは間違いないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これほどまでに仕事や生活、経済、文化、歴史に影響を与えたものは、ここ最近なかっただろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも今年1月から東京事業所で中途採用した石井さんが、当初1ヶ月の予定だった福山本社での研修期間を、コロナの影響で疎開を目的に5月末まで延長したことは、本社でしっかり研修が出来たという面では、いい意味でとても良かったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく1月から成長戦略を加速させるために、社内に新しい業務管理システムと労務管理システムと人事評価システムを導入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は新しいことに対する社員のアレルギー反応やストレスもあり、現在も試行錯誤しながら運用しているが、遅かれ早かれやらなくてはならないことだと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また3月に『環境 人づくり企業大賞2019』の中小企業部門にて環境大臣賞を受賞できたことも印象深い出来事だった。大企業部門ではトヨタ自動車が同賞を受賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来はトヨタ自動車の社長と並んで小泉環境大臣から直接表彰されるはずだった表彰式も、コロナの影響で中止になったのは残念だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、これまでの当社のISOやSDGsへの取り組みや人材育成が評価されたのは、とても感慨深いものがあったし、自信にもつながった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月には昇格・昇給・異動もあり、社員の中には納得・満足出来ていない者もいたかもしれないが、そのあたりはまだまだ説明不足を反省しなくてはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここ2ヶ月の間に子会社の設立やM&Aと2棟の不動産買収を決めた。おかげで5月のGW前後は意思決定にかなりのエネルギーを使った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな怒涛のような上半期だったが、売上は昨年対比では微増。これから下半期でしっかり巻き返していきたい。


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
769件中(1件〜5件を表示しています)   前   |