2021年02月28日

トップ5%社員について

この度、読み終えた本『AI分析でわかったトップ5%社員の習慣(越川慎司著/ディスカバー・トウエンティワン)』は面白かった。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4799326082/ref=ppx_yo_dt_b_asin_image_o08_s00?ie=UTF8&psc=1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者がクライアント企業25社のうち、人事評価「上位5%」の社員9000名と、そうではない95%の一般社員9000名の働き方を、定点カメラやセンサー、ICレコーダーを装着し、メールやパソコンの履歴までリサーチしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのリサーチ結果をAIを駆使して分析し「5%社員」の共通点や95%の一般社員との違いを抽出している。更にその結果を他社で実証実験まで行っており、かなり確度が高いデータだと言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのみんなにも期待を込めて「5%社員」を目指して欲しいので、ここに一部紹介したい。この本は後日、社員全員に配布したい。※印は私の勝手な所感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P2:働き方改革で目指すべきは残業を削減することでも有休を消化することでもありません。限られた時間の中でより大きな成果を残し、より多くの報酬や幸せを得ることです。早く家に帰れる人がすごいのではなくて、早く帰っているのに突出した成果を出し続けられる人がすごいのです。
※間違いない。「働き方改革」とは「働く人改革」でもあるのだ。働き方を決めるのも働く人次第で、会社はその機会や環境を作らなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P15:AIで18000人分析してわかった、ずば抜けた結果を出す人の五原則
原則1、「5%社員」の98%が「目的」のことだけを考える
原則2、「5%社員」の87%が「弱み」を見せる
原則3、「5%社員」の85%が「挑戦」を「実験」と捉える
原則4、「5%社員」の73%が「意識改革」をしない
原則5、「5%社員」の68%が常にギャップから考える
※定量分析されているのでかなり信憑性は高い。それぞれ詳しい内容やエビデンスは本書に記されている。私はこのうち原則2が出来ていない。どうしても弱みは見せられない性分なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P49:95%の一般社員は作業が終わった充実感に満たされ、「5%社員」は成果を残した時の達成感を目指しています。
※私は昔、誰かに似たような言われたことがある。「勉強不足は作業が増えて成果は増えず」5%社員の成果は勉強した結果。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P58:「5%社員」で定期的にランニングしている人の比率は95%の一般社員の3倍以上でした。
※健康的な体力作りにも余念が無い。またリフレッシュすることでメンタルのケアも欠かさないのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P106:今回「5%社員」の調査を通じて私が学んだことは手順化することの大切さです。「5%社員」は成功した時に、その手順をまとめています。
※うちがISOの手順書に拘るのはこの理由だ。成功したことや失敗したことを手順書に反映させて、成功は再現を図り、失敗は再発を防ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P117:アンケートで「長時間労働を生み出す根源は何だと思いますか?」と聞いたところ、95%の一般社員は「朝礼」や「定例会議」など他責にする回答が81%となり自ら率先して改善していこうという心構えは感じにくいものでした。一方「5%社員」の回答は「失注」や「凝った資料の作成」など自分の行動を振り返る回答が69%と一般社員よりも3倍以上であったことが特徴的でした。
※長時間労働に限らず、失敗の原因なども他責や外部要因に求めていては成長しないし評価されない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P164:「5%社員」の発言回数は22%多く、発言の文字数は一般社員より27%少なく、発言時間は24%少ないのです。彼らの発言はいたってシンプルでストレートです。
※私が書記に会議中、それぞれ発言者と発言回数を記録させるのはこれを見極めるためだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P236:「5%社員」は自分の行動を振り返る習慣を持っています。少なくとも2週間に1回は自分の仕事内容とその結果を内省しており、95%の一般社員よりも9倍以上の頻度で振り返る時間を設けていました。
※これはとても大事なことだと思う。批判するのと内省するのとでは能力や成果に雲泥の差がつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を読んで、もし私が社員だったら果たして「5%社員」に入れるだろうかと考えてしまった。自省も含めてもう一度読み返したいと思う。


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2021年02月21日

仮説思考について

この度、大変お世話になっているお客様から勧められて読み終えた本がこちら↓   読んで本当に良かった。いつも判断に迫られているリーダーや管理職におすすめ。

 

『仮説思考 BCG流問題発見・解決の発想法(内田和成著/東洋経済新報社』

 

 

 

 

 

 

 

 

BCGとはアメリカの経営コンサルティング会社ボストンコンサルティンググループの略。著者は元BCG日本代表で、現在は早稲田大学ビジネススクールの教授でもあり慶応義塾大学のMBAでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在はコロナ禍の真っ最中で、誰も経験したことのない未曾有の状況の中、これまでの経験や知見が全く通用しない予測不能な今だからこそ、こういう仮説思考が大切だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の中で、私が読みながら線を引いてノートに書き留めた言葉の一部を紹介する。※印は私の勝手な所感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P22:仮説思考とは物事を答えから考えることだ。(中略)仕事の進め方で大事なことは答えから発想することだ。課題を分析して答えを出すのではなく、まず答えを出しそれを分析して証明するのである。
※ビジネススクールではこれと同じことをよく言われており、間違っててもいいから早く仮説を立て分析をするという意味の「クイック&ダーティー」とも言われていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P35:情報が多ければ多いほど良い意思決定が出来るというのは間違った思い込みである。
※情報が多ければ多いほど分析にも時間ががかるし、選択肢が無駄に増えるだけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P74:仮説→実験→検証は繰り返せば繰り返すほどよい。(中略)仮説を進化させるには仮説を立ててから検証するまでのサイクルタイムを可能な限り短期間に抑え、できるだけ数多くの実験を繰り返すことがポイントになる。
※いくら精度の高い実験が出来ても遅ければ全く意味がない。出来たときには機会損失している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P106:一般の人が問題解決に当たり九割を分析に頼るのに対し、仮説思考型の人では二割程度しか頼らない。
※私の周りにも、やたら調査や分析をする人がいるが、その人が出す結論は理論的ではあっても、ほとんどがネガティブな結論で行動した試しがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P142:仮説を立てるときは常に「So What?(だから何?)(だからどうする?)」と考えるべきだ。
※この言葉もビジネススクールで講師の先生から何度も言われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P175:一般的に考えられている分析の目的は〔簑蠅鯣見する∩蠎蠅鮴眛世垢覘自分を納得させるの三点である。
※私の場合はが多い。決断が先、納得は後。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P225:コツはとにかく少ない情報で考えることだ。くどいようだが情報は多ければ多いほどよい意思決定が出来ると信じているうちは仮説思考は身につかない。
※情報をたくさん集めないと意思決定できないのは、決して慎重とか堅実なのではなく、気が小さくて優柔不断なだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、この本を読み終えてから会議やミーティングの方法の進め方を変えようと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば「この目標を達成するためにどうすればいいか」というテーマで進めても、通り一辺倒な同じ意見に偏りがちなので、まず先に「なぜこの目標が達成できたのか」という具合に目標達成できたと仮説を立てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その根拠や理由を解き、また仮説→分析→検証を繰り返すことで「この目標を達成するためにどうすればいいか」が見えてくる気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓先日、江戸へ向かう途中で見た日本の象徴「富士山」

1B1B9DE1-A7F7-47D3-89F3-CC4AD270BF3C-24229-00000A6800436880.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓江戸に到着後、打ち合わせに行った六本木ヒルズから見た、こちらも日本の象徴「東京タワー」。

F78CB6CD-81A3-4E08-BE2E-052520545E11-24229-00000A6804ACF3CC.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2021年02月06日

少食について

「肥満」は全国の中年男性に共通する悩みだろう。私も例外ではなくその一人。私は背が高いのであまり太って見えないが、よく見るとお腹周りは太い。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かれこれ40歳前後ぐらいから悩まされている。メタボリックシンドロームという言葉が流行り出したのもこの頃だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までいろんなことを試してきた。ファスティング、バナナ、納豆、水、糖質制限、散歩、大股歩き、サプリメント、シックスパッドなど。ライザップはやってない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、体重計に乗るだけでも痩せるとか言われて高機能の体重計を買ってやってみたけど、もちろん痩せるわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもこれも私が長く続けられないから、大した効果もなく現在に至る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年を取って間違いなく運動量は減っているのに、食べる量は変わってない。だから体内に余分なものが蓄積するのは当たり前だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると当たり前だが理屈から言えば「運動量を増やす」か「食べる量を減らす」かのどちらかしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで昨年の大晦日に読んだ本がこちら。

 

『できる男は超少食 空腹こそ活力の源!(船瀬俊介著/主婦の友社)』

 

メモ書きした箇所を下記に紹介する。※印は私の勝手な所感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P15:「腹八分で医者いらず」「腹六分で老いを忘れる」「腹四分で神に近づく」
※おー、神に近づくとは・・・。決して神にはなれないが、心身的に研ぎ澄まされるということだろう。でも腹四分は無理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P24:一日一食を実践した人は例外なく頭が冴えて記憶力が回復したといいます。
※これは分かる気がする。私は食事をするたびに必ず睡魔に襲われて確実に頭が鈍っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P32:過食によって胃腸をはじめ肝、心、腎などに負担が増大することは疑う余地がありません。それによって必要以上に疲れ、その疲労を回復するために当然、睡眠時間が長くなると考えられます。
※このせいか、最近、朝が起きづらくなってきた。これまで前日にどれだけ飲んでも毎朝5時前には起きていたが最近起きれなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P63:一日一食で人生の時間は3倍になる。こういっても過言ではないでしょう。まず睡眠時間が驚くほど短くなります。
※睡眠不足は不健康だが、健康的に睡眠時間を短縮出来ればそれほど嬉しいことはない。間違いなく自分だけの時間は増える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P78:就寝2時間前は何も食べてはいけない。これも鉄則。胃の中に何かとどまっていると睡眠の質が低下し熟睡を妨げるからです。
※私の場合だと遅くとも9時か10時以降は食べてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P113:過食は禍食に通じるのです。「もう一杯」と思ったところでも箸を置く。この心掛けが健康長寿の秘訣です。
※東京事業所で仕事する日のランチは、私が勝手にうちの「社食」と呼んでいる地下の中華料理店へ行って「いつもの!」と注文しているが必ずご飯をおかわりしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本を読んで今年に入ってから、ほぼほぼ一日一食を実践している。でもまだ目立った効果は表れていない。まだまだ続けなければ・・・。今後も続けるために、この場で公言しておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓うちの本社がある曙町の氏神「塩崎神社」

E272B210-592F-4D8A-8B53-7454AE606BF9-20395-0000093A2D8A71D7_1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓東京事業所がある日本橋の氏神「日枝神社」

2E460B05-7B48-419C-8B76-E3E953A30C3C-20395-0000093A2CA521A7.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓グループ会社「ラックス不動産」がある御幸町の氏神「森脇神社」

C2FF1EDB-4AB6-4ED3-8BDF-083846FD4CDF-1935-000000DA13CFB0CC.jpg 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2021年01月24日

会社のブランディングについて

昨年末に、グループ会社を含めてうちの会社のブランディングについて見直したいと思い、読んだ本がこちら。

 

『小さな会社を強くするブランドづくりの教科書(岩崎邦彦著/日本経済新聞出版)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このコロナ禍で、不毛で安易な低価格競争に巻き込まれずに生き残るためには、会社の強みや弱み、ポジショニング、セグメントを明確にしてブランディングを図り、みんなが同じ方向に向いて走らなければならない。そのために少しでも参考にして取り入れられたらと思い、この本を読んでみた。ノートに書き留めた箇所の一部を下記に紹介する。※印は私の勝手な所感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P69:「消費者1000人調査」データの統計的分析から抽出された「強いブランド」を規定する条件は以下の四つである。

〔棲里淵灰鵐札廛函¬晴なイメージ
感性に訴求する
F伴のポジションがある
つ祺然覆任呂覆
※感性に訴求するのが難しい。そもそも「感性」自体が曖昧で人や層、属性によっても違うからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P85:ブランドアイデンティティを設定するときに欠かせない三つの条件がある。それは「価値性」「独自性」「共感性」の3要素だ。
※このブランドアイデンティティを明確にして、社内で全員に共有、認識できなければブランディングは成り立たない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P112:「ジャングル」には種をまかず、「砂漠」に種をまく。これが強いブランドだ。新規参入が容易なジャングル地帯ではブランドづくりは困難である。競合が少ない砂漠地帯の商品ほどブランド力が強いことは明らかだろう。
※つまり果実が多い場所ほど競合も多く、競争も激しいということ。その中で生き残るためには圧倒的な強さが求められる。強くなれないなら競合が少ない場所に移って一番になること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P123:「みんながやっているから自分もやろう」はブランドづくりにとって危険な発想である。強いブランドをつくりたいなら「みんがやるなら自分はやらない」「既存のビッグブランドとは逆方向に行く」という逆張りの発想が必要だ。
※周りが上手くやっているように見えることは、深く考えずに済むからついつい真似したくなるし、その方がリスクが無いように思ってしまう。また逆張りの発想や決断は理解や同意を得にくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P157:品質が優れていても売れていない商品は山のように存在する。品質が優れているだけでは強いブランドにはならない。
※ここは特にエンジニア系の人が陥りやすいところ。建設現場でも同じ。腕がいい職人さんだから人気があるかと言えばそうでもなし、人気のある職人さんの腕が抜群にいいかといえばそうでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P194:検索されやすい名前をつけることはブランドづくりの重要なポイントになっている。たしかにインターネットで検索したときに上位に表示される商品とそのブランド力には強い正の相関関係がある。
※まさしく、この度うちが社名変更した理由がここにある。「ラックス(変更前)」と「ラックス建設(変更後)」を検索してみれば一目瞭然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P212:スターバックスの成功は全国的なブランドを確立するため広告宣伝費に何百万ドルもかける必要がないことを証明している。
※確かにマックやジョージア、ボスのCMは見てもスタバのCMは見たことない。アメリカのシアトルにある古びた小規模なスタバ1号店に行ったことあるが、その時でも長い行列が並んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P225:口コミの発生を促進するための条件として抽出されたのは以下の条件だ。
‥耕召箴ι別召短く覚えやすい
特徴が絞り込まれていて言語化しやすい
8楜卷足度が高い
ぞι福品揃えに個性、オリジナリティがある
ジ楜劼寮爾鯤垢い討い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社のブランディングとは一日や一週間、一ヵ月で出来るものではない。社員全員の対応や行動、振る舞い、社風、制服、ロゴなどに全てにテーマやイメージが継続して一貫した「累積」の賜物なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おまけ) 

飛行機の便も多少増えてきたので、経費節約のこともあり最近よく使っている。時間を有効活用したいので出来る限り移動は始発か最終を選んでいる。写真の手前に東京スカイツリー、奥に東京タワーが見える。真ん中の明るいところが銀座だ。

18907.jpg

 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
2020年12月27日

社名について

うちの社名「LUCKS(ラックス)」は、私が21歳の創業時に「金も無く、コネも無く、担保も無いが、幸運(GOOD LUCK)にはたくさん恵まれるように」と願掛けてLUCKに複数形のSを着けて「LUCKS」と名づけた。1991年のこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌年の1992年にラックスネットワーク有限会社として設立し、1997年に株式会社化する折に「ラックス建設」に社名変更しようと思ったが、当時地元の老舗建設会社の社長から、うちが社名に「建設」をつけようとしていることを非難された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは当時のうちが、防水や外壁改修の「専門工事会社」だったからということもあるが、それよりも「下請け会社」だったからという理由の方が強かったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひょっとするとあの社長は、私のような若輩者が「建設会社」を名乗ることで地元建設業界の評判を落とすのではないかと思ったのかもしれない。なぜならば当時、あの社長は地元業界団体の会長もお務めだったから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで仕方なく「建設」の英訳である「コンストラクション(CONSTRUCTION)」をつけて「ラックスコンストラクション株式会社」とした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この「コンストラクション」という言葉、当時は馴染みが薄く、なかなか覚えてもらえず「ラックスコーポレーション」や「ラックスコンチェルン」などとよく間違われた(笑)。また周りからも社名が長いから覚えにくいとも言われていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで仕方なく、その6年後の2003年に「株式会社ラックス」として社名を短く省略した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれから17年が経ち、来年1月1日から「ラックス建設株式会社」に社名変更する。「ラックス建設」への社名変更構想から23年。この社名は念願の社名なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界で、若輩者の私が創業して今年で30年が経ち、創業時よりいくらかは「建設会社」を名乗ってもいい程度の実績と信用は作れたと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに「ラックス」だけでは何業か分からないのと、ネットで検索してもシャンプーやリンスの「LUX」ばかりが上位に挙がるので、うちのホームページにたどり着くまで時間がかかっていた(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし「ラックス建設」で検索してみると、ほぼ上位はうちの情報で埋め尽くされる。それならば「ラックス建設」に社名変更するメリットはあってもデメリットは無いと考えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも建設業界で生きていき、建設業を通して社会や地域に貢献していきたい。しかし、既存の建設業界に迎合する気は毛頭無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設会社らしくない建設会社を目指す。それは脱・建設業ではなく超・建設業だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓最近やっと飛行機の便も復活してきたので利用している。これは空から見た雲海

52FB15D8-15BB-4A76-8A34-29D2A22FC60D-20395-0000093A313656E6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓西側から見た富士山。右半分が雪に覆われている。

9849855E-C0FB-458B-B263-B3E6D3DDB782-20395-0000093A23D8925B.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓反対の東側からみた富士山。当然ながら左半分が雪に覆われている。富士山もいろんな角度から見ると姿も違う。

6E875F7E-FF77-46A2-A65E-2807129C8188-20395-0000093A26239D6F.jpg 

 

 

 


 
トラックバックURL : ボットからトラックバックURLを保護しています
778件中(1件〜5件を表示しています)   前   |